買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

by BITTIMES

Social Good Foundation 株式会社(ソーシャルグッド ファウンデーション)は2020年9月15日に「eBay」や「Nike」などのショップで買い物をすると、暗号資産「ソーシャルグッド(SocialGood/SG)」がもらえるアプリ「SocialGood App」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:食品配達サービス大手、BTC決済に対応「暗号資産」関連ニュース

暗号資産がもらえる「SocialGood App」とは?

Social Good Foundation(ソーシャルグッド ファウンデーション)がリリースした「SocialGood App」は、同社が提携しているショップで買い物をすると暗号資産「ソーシャルグッド(SocialGood/SG)」がもらえるアプリとなっています。

暗号資産「ソーシャルグッド(SocialGood/SG)」はアメリカ・ニューヨークの暗号資産取引所「BitMart」に上場した後に15日間で+7,529%も価格が上昇しており、SGがユーザーに付与された時点よりも価格が下がった場合には運営会社が"買い戻し"を行うことによって価値を保証する仕組みが採用されているため、『アプリを通じてSGを得たユーザーは、損をすることなく、値上がりだけを享受できる』と説明されています。

仮想通貨業界ではすでに「買い物する度にビットコイン(BTC)で還元を行うサービス」などが公開されていますが、「SocialGood App」は還元を行う方法として"価値が保証された独自の暗号資産"を使用しているため、従来のサービスとは大きく異なり、全てのユーザーにとって大きなメリットがあるとされています。

SocialGoodの提携企業の中には以下のような大手企業も多数含まれており、提携企業数は1,800社以上、サービス利用者は世界161ヵ国(日本を除く)にのぼると報告されています。
・eBay(イーベイ)
・Shopee(ショッピー)
・Lazada(ラザダ)
・Adidas(アディダス)
・Nike(ナイキ)

現在リリースされているアプリは「iOS版のみ」となっていますが、今後は「Android版アプリ」もリリースされる予定となっています。

世界の経済格差を縮小し、より良い社会を実現

「Social Good Foundation」は"時間が経過すればするほど、自動的に経済格差が拡大していくメカニズム"となっている現代社会のシステムを問題視しており、『このような社会的課題を解決し、資本主義のメカニズムをアップデートするために生まれた「SocialGood App」は世界的な普及を通じて"世界の経済格差を縮小し、社会をより良くしていくこと"を目指している』と説明しています。

なお、同社は暗号資産を活用してキャッシュバック・リワード・ポイント還元を提供する仕組みに関して複数のビジネスモデル特許を日本で既に取得しており、米国・中国・EU・インドなどといった世界主要地域での特許申請も行っています。

今回リリースされた「SocialGood App」もこの特許を活用したサービス事例の1つであり、将来的には「SocialGood App」上の流通総額の一部を世界中のESG団体に自動的に寄付する仕組みが実装される予定となっています。

>>「Social Good Foundation」の公式発表はこちら
>>「SocialGood」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

ビットコインの誕生で今後消滅するコンビニATMの未来

ビットコインの誕生で今後消滅するコンビニATMの未来

注目度の高い仮想通貨ニュース

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

認証されたカルダノ関連アプリが探せる「Plutus dAppStore」近日発表へ

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す