Liquid:暗号資産の出金手数料方式を「変動型出庫手数料」に変更

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」は2022年2月21日に、一部暗号資産の出庫手数料方式を従来の「固定型出庫手数料」から、ネットワーク状況に応じて手数料が変動する『変動型出庫手数料』に変更したことを発表しました。これにより、ネットワークが混雑していない場合は従来の手数料システムよりも安い出庫手数料で暗号資産を出金することができるようになります。

こちらから読む:Huobi Japan、独自ブロックチェーン提供へ「国内ニュース」

ネットワーク状況に応じて手数料が変動

Liquid(リキッド)は2022年2月21日に、一部暗号資産の出庫手数料方式を従来の「固定型出庫手数料」から、ネットワーク状況に応じて手数料が変動する『変動型出庫手数料』に変更したことを発表しました。

暗号資産の送金ではネットワークの混雑状況に応じて送金手数料が変動するため、ネットワークが混雑している場合には送金手数料が高額になる場合がありますが、変動型出庫手数料の仕組みが導入されたことによって、ネットワークが混雑していない場合は従来の手数料システムに比べて安価な手数料で暗号資産を出庫することが可能になったと報告されています。

新たに適用された「変動型出庫手数料」の仕組みでは『Liquid手数料(約2.5ドル相当の固定手数料)』と『ネットワーク手数料(ネットワークの状況に応じて変動)』の合計で出庫手数料が決定されるとのことで、出庫画面では『Liquid手数料』と『ネットワーク手数料』を事前に確認することができると説明されています。

『Liquid手数料』と『ネットワーク手数料』は出金前に確認することができるため、「手数料が高騰している時には出金を控えて、手数料が安い時に出金する」といった選択を取ることもできるとされています。

(画像:Liquid)(画像:Liquid)

なお、ネットワーク手数料はユーザーが出庫依頼を行った時点で確定されるとのことで『仮に出庫予定の暗号資産がブロックチェーン上にブロードキャストされた際にネットワーク手数料の変更があった場合でも、確定されたネットワーク手数料は変更されない』と説明されています。

また、暗号資産の出金速度に関しては「セキュリティに妥協せずに全ての暗号資産の出庫の90%を2分以内に処理する」という従来のサービスレベルが維持されているため、『変動型出庫手数料の適用後も出庫速度に変更はない』とされています。

さらに、将来的には暗号資産出庫の優先順位を「低・中・高」の3段階に分けて、ユーザーがコストとスピードのトレードオフを選択できるようにすることも予定されているとのことで、『今後も革新的なデリバティブ、ステーキング、レンディングオプションなどの新商品を提供し、ブロックチェーン技術で金融を民主化するという我々のミッションに貢献できるように努力していく』と説明されています。

>>「Liquid」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

The Sandbox:独ゲーム開発会社「Sviper」を買収|ドイツ市場で事業拡大へ

The Sandbox:独ゲーム開発会社「Sviper」を買収|ドイツ市場で事業拡大へ

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

NOWNodes:シバイヌL2「Shibarium」のRPCフルノード稼働を発表

NOWNodes:シバイヌL2「Shibarium」のRPCフルノード稼働を発表

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す