ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

by BITTIMES

テックビューロは2020年11月2日に、同社が2015年に発行した独自の暗号資産「ZAIFトークン」を2021年度第1四半期までにERC20プロトコルへと移行する予定であることを明らかにしました。またテックビューロは暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」との共同プロジェクトを計画していることなども明かしています。

こちらから読む:ビットバンク、"貸して増やすサービス"の対応銘柄を拡大「国内ニュース」

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」への移行を予定

ZAIFトークンはテックビューロが2015年に発行した独自の暗号資産であり、暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」のブランドを象徴するトークンとして広く知られていました。

今回の発表では、このZAIFトークンが2021年度第1四半期までに「ERC20プロトコル」へと移行する予定であることが報告されています。

テックビューロはZAIFトークンを「ERC20プロトコル」へと移行させることによって、安全性の向上・流動性の拡大・価値向上につながると期待しています。

暗号資産取引所「Zaif」との共同プロジェクトも計画

テックビューロは2018年11月に暗号資産取引所Zaifの事業を「株式会社Zaif(旧:株式会社フィスコ仮想通貨取引所)」に譲渡しているため、『ZAIFトークンの価値向上にはZaifとの連携が有効である』との考えに基づいて、テックビューロとZaifの共同プロジェクトを通じてZAIFトークンの流動性と既存ホルダーの利益向上を図るための協議と検討を進めているとも報告されています。

具体的には『既存のZAIFトークン保有者の利益向上を目的として"決済手段"としての採用を推し進める』とされており、Zaif暗号資産取引所における「簡単売買サービス」および「ZAIFトークン決済サービス」への対応を打診していると説明されています。

「ZAIFトークンの決済サービス」が提供されることによって、"実社会におけるZAIFトークンの決済利用が増加し、トークンの流動性向上・価値向上につながる"と期待されており、「テックビューロ」と「Zaif暗号資産取引」が共同キャンペーンで配布を検討することによって、"トークンの循環・両社ブランドバリューと連動したトークン価値の向上・トークン保有者の利益向上につながる"とも期待されています。

テックビューロは今回の発表の中で、"ZAIFトークンの保有者は既に18万人以上存在している"と報告しており、『既存ホルダーの利益を毀損することは避けなければならない』と強調しています。

>>「テックビューロ」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

東京スカイツリー初日の出特別営業「空詣」来場者にNFTプレゼント:HABET

東京スカイツリー初日の出特別営業「空詣」来場者にNFTプレゼント:HABET

Pundi X:XPOSデバイスでオンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」をサポート

Pundi X:XPOSデバイスでオンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」をサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す