日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

by BITTIMES

日本セキュリティトークン協会(JSTA)は2020年11月25日に、日本国内のセキュリティトークン市場を成長・拡大させることを目的としてアメリカを拠点にセキュリティトークン関連のマーケット情報データベースを運営している企業「Security Token Market(STM)」とパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

こちらから読む:民間発行デジタル通貨、2022年にも実用化へ「国内ニュース」

STM社は「市場レポート・分析サポート」などを提供

日本セキュリティトークン協会(JSTA)は2020年11月25日に、アメリカを拠点にセキュリティトークン関連のマーケット情報データベースを運営している企業「Security Token Market(STM)」とパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

Security Token Market(STM)は、グローバルで発行されているセキュリティトークン(デジタル証券)25銘柄のマーケット価格情報や、セキュリティトークン関連の各種ニュースを掲載しているデータベースWEBサイト「stomarket.com」の運営を中心とした活用を行っている企業です。

日本セキュリティトークン協会は今回のパートナーシップを通じて、STM社が発行する各種マーケットレポートや分析サポートの提供を受ける予定だと説明しています。また『STM社が公開しているコンテンツの一部は、日本語に翻訳された上でJSTAのメディアネットワークに配布される』とも報告されています。

日本国内のセキュリティトークン市場はまだ黎明期にあるため、STM社が提供する海外のセキュリティトークン関連情報を受け取ることによって、国内のセキュリティトークンコミュニティに様々な示唆を与えることができると期待されています。

JSTAは順調に会員数を増やしており、2020年11月25日時点では正会員10社・賛助会員29社がJSTAの企業会員に登録している他、トークン発行プラットフォーマーである「Securitize」や「Tokeny Solutions」ともパートナーシップを締結しています。

また先月28日には、セキュリティトークンを活用した具体的なサービス・商品・インフラについての研究を行い、セキュリティトークンマーケットの拡大を促進することを目的として「不特法STO分科会」と「農業支援ファンド分科会」という2つの分科会を新たに設立したことなども発表されています。

>>「日本セキュリティトークン協会」の公式発表はこちら
>>「Security Token Market」の公式発表はこちら
>>「stomarket.com」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

【速報】ビットコイン価格「ついに200万円突破」過去最高値更新も現実的に

【速報】ビットコイン価格「ついに200万円突破」過去最高値更新も現実的に

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す