【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

by BITTIMES

まちづくり参加型クラウドファンディング「ハロー!RENOVATION」を運営している「株式会社エンジョイワークス」は2020年10月20日に、セキュリティトークン(デジタル証券)の発行・管理プラットフォームを提供している「Securitize Japan株式会社」や「株式会社LIFULL」と協力して、国内初となる"一般個人投資家向けの不動産STO"を実施することを発表しました。

こちらから読む:前澤友作氏、暗号資産取引所幹部らと"新事業"立ち上げ「国内ニュース」

STO活用で「持ち分譲渡の利便性・安全性」向上へ

「株式会社エンジョイワークス」「Securitize Japan株式会社」「株式会社LIFULL」の3社は2020年10月20日に、日本国内では初となる"一般個人投資家向けの不動産STO"を実施することを発表しました。

エンジョイワークスは「空き家・遊休不動産を利活用したい人」と「その想いに共感する投資家」を繋ぐまちづくり参加型のクラウドファンディングサービス「ハロー!RENOVATION」を運営しているため、このサービス内のプロジェクトでLIFULLとSecuritize Japanが提供しているSTOプラットフォームを取り入れることによって、持ち分譲渡の利便性や安全性を高めると説明されています。

具体的には「ハロー!RENOVATION」のサービス内で募集されている「葉山の古民家宿づくりファンド」にSTOスキームが導入されており、これによって同プロジェクトへの出資者はセキュリティトークンの発行を受けることが可能となり、ファンド運用開始後はSecuritize Japanらが提供しているプラットフォーム上で第三者への持分譲渡が可能になると説明されています。

「ハロー!RENOVATION」で募集されているファンドは"5年程度の比較的長期な運用期間のファンド"が中心となっていたため、これまでは運用期間中の換金が困難であったものの、新たにSTOスキームを導入することによって運用期間中の出資持分流動性を高めることができると期待されています。

(画像:Securitize Japan株式会社)(画像:Securitize Japan株式会社)

「STOスキーム導入の目的」としては以下のようなことが挙げられています。

  1. STOスキームの導入で運用期間中の出資持分流動性を高めることによって投資家が参加しやすい環境を作り、運用期間中に新しい参加者を増やすことによってまちづくりの仲間を増やすことにつなげる
  2. ブロックチェーン上でトークン譲渡を行う、利便性・安全性の高いスキームを提供する
  3. セキュリティトークンがクラウドファンディングで有効活用できることを確認し、さらに使いやすいものへと発展させていく

Securitizeは今回の発表の中で、同社が提供しているセキュリティトークン関連のフルスタックソリューションについて『今回のエンジョイワークス社のように既に自社システムを運営中の場合でも、Securitizeプラットフォームのファイルインポート機能やAPIを利用することで、セキュリティトークンの発行・管理機能を既存システムに対して部分的組み込むことが可能』だと説明しています。

日本ではセキュリティ・トークン・オファリング(STO)関連の環境整備や正式なサービス開始に向けた準備がこれまでにも着々と進められてきていましたが、「一般投資家向けの不動産STO」が実施されるのは今回が初となるため、今後のさらなる技術活用にも期待が高まっています。

>>「Securitize Japan」の公式発表はこちら
>>「エンジョイワークス」の公式発表はこちら
>>「葉山の古民家宿づくりファンド」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

ブロックチェーン投票システムを用いた「米中間選挙」結果発表|ウェストバージニア州

Chiliz Exchange:eスポーツ・サッカー関連の「2つのファントークン」取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツ・サッカー関連の「2つのファントークン」取扱い開始

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

プレミアリーグ加盟のウルブス「Bitci.com」と提携|公式ファントークン発行へ

プレミアリーグ加盟のウルブス「Bitci.com」と提携|公式ファントークン発行へ

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

Zofuku:仮想通貨決済対応の「不動産売買仲介サービス」開始|BTC・ETH・DOTなど

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す