Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

by BITTIMES   

会社の将来の意思決定プロセスにおいて"分散管理"の仕組みを採用している企業「Crossway Global(クロスウェイ・グローバル)」は、2020年12月21日にERC−1155規格に基づいた非代替トークン「Crazy Soccer Token(CST)」の第1回私募を開始することを発表しました。

「Crossway Global Limited」は、2016年に登録されたヨーロッパの契約顧客向けにモバイルゲームの設計・開発を行なっている会社であり、最近では同社初のリリースゲームとなる「CrazySoccer(クレイジーサッカー)」も発表されています。

IDO(Initial Dao Offering)は、ゲーム業界だけでなくDefiコミュニティ内でも大きな注目を集めています。Crossway Globalが新たに発行する「Crazy Soccer Token(CST)」は、同社がモバイルゲーム「CrazySoccer」のために発行したものです。

Crazy Soccer Token(CST)を使用すると「Crossway Global」とDefiスマートコントラクトを締結することができます。その後はCSTを燃焼させて「Crossway Global Token(CWG)」をマイニングするために使用することができます。これはトークン化されたモバイルゲームエコシステムを構築するために使用されるものであり、ゲーマーと利害関係者はモバイルゲームの利益の一部をシェアしたり、DAOに参加したり、管理権・投票権を有したりすることができるとされています。

DAOの概念は、現代の組織運営方法における全ての問題を解決しようと努力する非常にエキサイティングなものとなっています。完全に構造化されたDAOはすべての投資家に組織を形成する機会を与えます。階層構造がないため、誰もが革新的なアイデアを提案して組織全体で検討することができるようになっています。全ての投資家がその組織に参加する前に知っているあらかじめ定められたルールや投票システムは争う余地をまったく残していません。

CrosswayGlobal-PR-20201221

最後に、すべての金融取引はブロックチェーンに記録されており、誰でも見ることができるようになっているため、DAOは完全な透明性を提供しています。参加する全ての人々は『資金をどのように使用するか』を決定するための手助けを行うことができ、その資金の使用方法を追跡することもできます。

「Crossway Global」はCrazy Soccer Token(CST)の第1回私募で集めた資金を使用して、2021年に「Crazy Soccer」を含めた3種類のブロックチェーンモバイルゲームの開発・買収を完了し、世界のDefi・ゲーム市場に進出していきたいと説明しています。

>>「Crossway Global」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事はPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディア BITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

Symbol活用のJUGGLE:施設運営のDX推進ソリューション「AIR-Plate」で技術採用

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

仮想通貨市場への参入「2019年内に」米国のマネックス子会社が発表

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す