米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)は2020年12月22日に、Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏と、共同創業者であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏に対する訴訟内容を公開しました。今回の発表を受けて一部の暗号資産取引所は『XRPの取引停止・上場廃止』を発表しています。

こちらから読む:コインベスト、現物取引サービス"明日"開始「暗号資産」関連ニュース

「13億ドルの未登録デジタル証券を販売した」と指摘

『米国証券取引委員会(SEC)がRipple社のブラッド・ガーリングハウス氏とクリス・ラーセン氏を提訴する』ということは、先日時点でガーリングハウス氏や複数のメディアによって報告されていましたが、2020年12月22日にはSECから正式に訴訟内容が公開されました。

SECはRipple社と2人の幹部を「13億ドルの未登録証券を販売した」として起訴します。

SECはRipple社が国際送金などで使用している仮想通貨「XRP(エックスアールピー)」を"有価証券"だとみなしており、『Ripple社とガーリングハウス氏・ラーセン氏らは2013年初頭から7年間に渡って米国と世界中の投資家に"未登録のデジタル資産証券"を販売し、13億ドル(約1,300億円)以上の資金を調達した』と指摘しています。

また今回の訴訟では『Ripple社はXRPを広範囲で配布するために、XRPを労働力やマーケットメイキングサービスなどの現金ではない報酬に交換していた』とも指摘されており、"Ripple社が投資家に対してXRPやRipple社の事業などに関する適切な情報開示を行わなかったこと"が問題視されています。

なお、Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は先日のツイートで『間違いなく私たちは戦い、そしてその戦いに勝つ準備ができている』とコメントしており、Ripple社に出資している「SBIホールディングス」の北尾吉孝(きたお よしたか)社長も『Ripple社が最終的に米国で勝利を勝ち取ると強く信じている』とコメントしています。

Beaxy・Cross Towerは「XRPの取引停止」を発表

今回の訴訟問題を受けて米国の暗号資産取引所である「Beaxy」と「Cross Tower」は"XRPの取引停止・上場廃止"を発表しています。Beaxyは『追加の情報が出るまでXRPの取引を停止する』と説明しており、CrossTowerは「XRPが証券に該当するかどうかが不確実であること」を上場廃止の理由として挙げています。

これら2つの取引所は2019年以降にサービスを開始した比較的新しい暗号資産取引所であるため、市場への影響は少ないと考えられていますが、今後同様の対応を取る大手暗号資産取引所が増えてきた場合には、XRP市場や価格などにも大きな影響が出る可能性があると懸念されています。

XRP価格は今回の訴訟に関する報道が行われて以降、下落し続けているため、これらの関連ニュースには現在も注目が集まっています。

2020年12月22日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今回の発表を受けて前回のサポートラインとなっていた46円を下回って下落を続けており、2020年12月23日時点では「1XRP=42.50円」で取引されています。

2020年11月7日〜2020年12月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月7日〜2020年12月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長NEW

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す