Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社の共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏が、暗号資産(仮想通貨)関連の規制が厳しいことを理由に『Ripple社の拠点を米国外へと移す可能性がある』と語ったことが「FORTUNE」の報道で明らかになりました。移転先の候補には日本も含まれていると報告されています。

こちらから読む:MetaMask、"トークンスワップ機能"を追加「暗号資産」関連ニュース

米国の「過度な仮想通貨規制」を問題視

Ripple(リップル)社は現在アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構えていますが、Ripple社の共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は米国の過度な仮想通貨規制を理由に『本社を米国外へと移転する寸前である』と警告したと報じられています。

米国の大手ビジネス誌「FORTUNE」の報道によると、クリス・ラーセン氏は『米国政府、特に米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨業界に対して敵対的な態度をとっていることに不満を募らせている』と語ったとされています。

SECの委員長や関係者はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)に関しては『有価証券ではない』との判断を下しているものの、エックスアールピー(XRP)などの暗号資産に関しては明確な判断が下されていないため、Ripple社と投資家などの間では『XRPは有価証券に該当するか?』に関する議論が続けられています。

Ripple社側は以前から『エックスアールピー(XRP)は独立したオープンソースのデジタル資産であり、Ripple(リップル)社とは別の存在である』と強調していますが、その一方では"Ripple社が大半のXRPを保有していること"などを理由に『XRPはRipple社の有価証券である』という意見も出ているため、このようなことも関連していると考えられています。

可能性の高い候補地は「シンガポール・イギリス」

Chris Larsen(クリス・ラーセン)氏は「LA Blockchain Summit」でFORTUNE誌とのインタビューに応じた際に、米国を離れた際の候補地について『他のほぼ全ての国は米国よりも有利な規制環境を提供している』とコメントし、最も可能性の高い候補地としては「イギリス」と「シンガポール」を挙げたと報告されています。また別の報道では「日本」や「スイス」なども候補地に含まれていると報告されています。

ラーセン氏は仮想通貨ブロックチェーン中央銀行デジタル通貨(CBDC)などの分野で米国が中国に遅れをとっていることも指摘しており、「金融分野のイノベーションで中国に先を越される可能性があること」や「米ドルが世界の準備通貨としての地位を失うこと」を懸念していると伝えられています。

また、次の米国大統領選挙でJoe Biden(ジョー・バイデン)氏が当選した場合の影響に関しては、バイデン政権がエネルギー消費の激しいマイニング産業に炭素税をかけると予想されることから『海外のマイナーを追い出すことになる可能性がある』とも指摘されています。

>>「FORTUNE」の報道はこちら

2020年10月7日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月24日に23円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年10月7日時点では「1XRP=26.02円」で取引されています。

2020年9月7日〜2020年10月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月7日〜2020年10月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す