Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社の共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏が、暗号資産(仮想通貨)関連の規制が厳しいことを理由に『Ripple社の拠点を米国外へと移す可能性がある』と語ったことが「FORTUNE」の報道で明らかになりました。移転先の候補には日本も含まれていると報告されています。

こちらから読む:MetaMask、"トークンスワップ機能"を追加「暗号資産」関連ニュース

米国の「過度な仮想通貨規制」を問題視

Ripple(リップル)社は現在アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構えていますが、Ripple社の共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は米国の過度な仮想通貨規制を理由に『本社を米国外へと移転する寸前である』と警告したと報じられています。

米国の大手ビジネス誌「FORTUNE」の報道によると、クリス・ラーセン氏は『米国政府、特に米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨業界に対して敵対的な態度をとっていることに不満を募らせている』と語ったとされています。

SECの委員長や関係者はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)に関しては『有価証券ではない』との判断を下しているものの、エックスアールピー(XRP)などの暗号資産に関しては明確な判断が下されていないため、Ripple社と投資家などの間では『XRPは有価証券に該当するか?』に関する議論が続けられています。

Ripple社側は以前から『エックスアールピー(XRP)は独立したオープンソースのデジタル資産であり、Ripple(リップル)社とは別の存在である』と強調していますが、その一方では"Ripple社が大半のXRPを保有していること"などを理由に『XRPはRipple社の有価証券である』という意見も出ているため、このようなことも関連していると考えられています。

可能性の高い候補地は「シンガポール・イギリス」

Chris Larsen(クリス・ラーセン)氏は「LA Blockchain Summit」でFORTUNE誌とのインタビューに応じた際に、米国を離れた際の候補地について『他のほぼ全ての国は米国よりも有利な規制環境を提供している』とコメントし、最も可能性の高い候補地としては「イギリス」と「シンガポール」を挙げたと報告されています。また別の報道では「日本」や「スイス」なども候補地に含まれていると報告されています。

ラーセン氏は仮想通貨ブロックチェーン中央銀行デジタル通貨(CBDC)などの分野で米国が中国に遅れをとっていることも指摘しており、「金融分野のイノベーションで中国に先を越される可能性があること」や「米ドルが世界の準備通貨としての地位を失うこと」を懸念していると伝えられています。

また、次の米国大統領選挙でJoe Biden(ジョー・バイデン)氏が当選した場合の影響に関しては、バイデン政権がエネルギー消費の激しいマイニング産業に炭素税をかけると予想されることから『海外のマイナーを追い出すことになる可能性がある』とも指摘されています。

>>「FORTUNE」の報道はこちら

2020年10月7日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月24日に23円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年10月7日時点では「1XRP=26.02円」で取引されています。

2020年9月7日〜2020年10月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月7日〜2020年10月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

コインチェック:パレット(Palette/PLT)のIEO「2021年夏」に実施へ【国内初】

コインチェック:パレット(Palette/PLT)のIEO「2021年夏」に実施へ【国内初】

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す