ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

by BITTIMES

ブロックチェーン関連のシステム開発などを手がける「株式会社レシカ」と、酒類の輸入・卸売業を手がけている「株式会社ジャパンインポートシステム(JIS)」は2021年1月7日に、蒸留酒の樽をスマートフォン1つで簡単に売買・保有・管理することができるサービス「UniCask」の運営のために合同で「株式会社UniCask」を設立したことを発表しました。「UniCask」のサービスは2021年春から利用可能になる予定だと報告されています。

こちらから読む:ソフトバンク、日本セキュリティトークン協会に入会「国内ニュース」

蒸留酒の樽を「スマホ1つで簡単に売買・保有・管理」

(画像:株式会社レシカ)(画像:株式会社レシカ)

「株式会社レシカ」と「株式会社ジャパンインポートシステム(JIS)」は2021年1月7日に、蒸留酒の樽をスマートフォン1つで簡単に売買・保有・管理することができるサービス「UniCask」の運営のために合同で「株式会社UniCask」を設立したことを発表しました。

「UniCask」はブロックチェーン技術を活用した蒸留酒の樽管理サービスとなっており、同サービスを活用することによって煩雑だった樽の所有権証明や移転登記、オンラインでの売買履歴管理などを容易に行うことができるようになると説明されています。

熟成に長い時間を要する蒸留酒の価値は右肩上がりの状態が続いているため多くの年代物の蒸留酒が高額で売買されており、世界のウイスキー年間売上も順調に成長を続けているものの、年代物として価値を上昇させることができる「樽で保管した蒸留酒」の売買は知り合い同士や限られた地域の小さなコミュニティのみでしか行われておらず、一般のコレクターや愛飲家がそれらの蒸留酒を売買することは極めて困難だったとされています。

また、既存の書類によるアナログな管理方法では、蒸留所内での保管の管理や樽の所有者を確認するための処理が煩雑であるため、製造した蒸留酒の樽の保有者や売買の履歴を管理することが難しく、日本の蒸留所の樽を海外のコレクターや愛飲家が購入することもほぼ行われていませんでしたが、「UniCask」のサービス提供が開始されることによってこれらの問題を解決して、より自由に蒸留酒の樽を取引することができるようになるとされています。

「レシカ」と「ジャパンインポートシステム」は『樽単位で蒸留酒の管理と取引を行うことができる本サービスを世界中で利用していただくことでより多くの方にお酒の新しい価値が提供できると考えている』と述べており、今後はサービス拡大にあわせて日本各地の蒸留所とも提携し、海外展開なども行なっていく予定だと説明されています。

「UniCask」のサービスは2021年春から利用可能になる予定だと報告されているため、今後の正式リリース発表にも注目です。

>>「UniCask」の公式サイトはこちら
>>「株式会社レシカ」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

eToro CEO:Ripple(リップル)社との提携に高い関心|ネットワークの発展「強く望む」

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

GMOコイン:シンボル(Symbol/XYM)の「ステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:シンボル(Symbol/XYM)の「ステーキングサービス」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す