カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output Hong Kong(IOHK)」の名称が『Input Output Global(IOG)』へと変更されたことが明らかになりました。IOGのアフリカ事業担当ディレクターであるJohn O'Connor(ジョン・オコナー)氏は2021年2月6日に行われたインタビューで『IOGがアフリカ政府との間で大規模な契約の最終段階に到達した』ということも報告しています。

こちらから読む:Linkin Parkシノダ氏、NFT形式の楽曲公開「暗号資産」関連ニュース

カルダノ開発企業「IOG」に名称変更

Input Output Hong Kong(IOHK)は「カルダノ(Cardano/ADA)」の開発を担当している企業であり、カルダノの創設者としても知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏がCEOが勤めています。

IOHKは今やカルダノコミュニティで広く知られる企業となりましたが、IOHKは現在その名称を『Input Output Global(IOG)』へと変更していると報告されています。IOGへの名称変更については2021年2月8日に「forum.cardano.org」でも質問が行われていましたが、この質問に対してアンバサダーであるZyroxa氏は『その通り、IOHKは名前をIOGに変更しました』と回答しています。

IOHKの公式サイトでは「IOHK」との表記が残っていますが、チャールズ・ホスキンソン氏のTwitterプロフィールは『CEO of IOG』に変更されており、IOGのアフリカ事業担当ディレクターであるJohn O'Connor(ジョン・オコナー)氏も2021年2月6日に行われたインタビューで名称変更を認めています。

アフリカ政府との契約の最終段階に到達

John O'Connor(ジョン・オコナー)氏はインタビュー動画の中で『IOGがアフリカ政府との間で大規模な契約の最終段階に到達した』ということを明かしています。この契約が完了すると、数百万人の人々がカルダノブロックチェーン関連のプラットフォームにアクセスすることができるようになり、同地域で10倍の改善がもたらされると伝えられています。

このプロジェクトにはエチオピアを含めたアフリカ大陸の複数の国が関与しているとのことで、全てが完了するまでには非常に長いプロセスが必要だと説明されています。オコナー氏によると、一連の取り組みは2021年2月末までに完了する予定となっており、完了後にはIOGによって毎月行われている進捗状況の発表で正式に発表されるとのことです。

なお、このプロジェクトはCardanoブロックチェーン技術を用いて開発された分散型IDソリューションである「Atala PRISM」の提供に焦点を当てたものだとされており、『Atala PRISMを使用すると個人データを安全に管理しながら、複数の組織とシームレスにやりとりすることができる』と伝えられています。

さらにIOGは『各通信事業者の顧客に"ADAを用いた支払い手段"を提供することも計画している』とも伝えられており、エチオピア・タンザニアに加えて「南アフリカ・ケニア・ナイジェリア」などの地域でもプロジェクトを展開して、第一段階で1億人のユーザーが獲得できる見込みだとも報じられています。

「エチオピア・タンザニア・南アフリカ・ケニアナイジェリア」という5つの重点国におけるプロジェクトが成功した後には、さらに15カ国のアフリカ諸国も巻き込んだプロジェクトが進められると報告されているため、2021年は「Hong Kong(香港)」から「Global(グローバル)」へと進化した『IOG』がアフリカ地域でさらに活躍していくことになると期待されます。

2021年2月8日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は2021年1月初頭から順調に回復し続けており、先日7日には72円まで回復して時価総額ランキング"4位"を獲得しました。その後はやや下落したものの、依然として上昇傾向は続いており、2021年2月8日時点の価格は「1ADA=67.13円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年12月17日〜2021年2月8日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月17日〜2021年2月8日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

Palette活用のNFTマーケット「CREPOS NFTマーケット(仮)」公開へ:アイフリークモバイル

Palette活用のNFTマーケット「CREPOS NFTマーケット(仮)」公開へ:アイフリークモバイル

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説