【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は2021年1月17日午前10時30分頃に、2018年5月以来の価格となる「1ADA=40円」に到達しました。順調に回復を続けているADAは時価総額ランキングでも「6位」にまで回復してきており、価格低迷が続くXRPの時価総額目前にまで迫ってきています。

こちらから読む:MtGox債権者"BTCの返還要求"が可能に「暗号資産」関連ニュース

ADA価格、2018年以来となる「40円」に到達

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は昨年11月頃まで10円前後で推移していたものの、その後は順調に上昇を続けており、本日2021年1月17日午前10時30分頃には2018年5月以来の価格となる「1ADA=40円」に到達しました。

「1ADA=40円」のラインは2018年5月頃に壁となっていたラインであるため、この価格帯を突破することができればさらに大幅な価格上昇が起きる可能性があると予想されます。

2017年10月18日〜2021年1月17日 ADAの価格チャート(画像:CoinGecko)2017年10月18日〜2021年1月17日 ADAの価格チャート(画像:CoinGecko)

また「暗号資産の時価総額ランキング」でもADAは6位にまで上昇してきており、現在のADA時価総額は訴訟問題の影響で価格低迷が続いているXRPの目前にまで迫ってきているため、近い将来にはXRPを抜いて"時価総額ランキングTOP5"にランクインする可能性もあると予想されます。

2021年1月17日 仮想通貨の時価総額ランキングTOP7(画像:CoinGecko)2021年1月17日 仮想通貨の時価総額ランキングTOP7(画像:CoinGecko)

技術開発面でも順調に成長を続ける「Cardano」

主流のソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」における"ブロックチェーン開発活動ランキング"で常にトップを維持していカルダノは、2020年時点でも複数の重要なマイルストーンに到達しています。

「ステーキング関連」での成長

昨年7月には大型アップデートとなる「Shelley(シェリー)」への移行を完了したことによってADA保有者が"ステーキング"に参加することができるようになりましたが、その後は「ステーキングの参加者数・ステーキングされているADA数量・アクティブステークプール数」なども順調に成長を続けているため、これらのデータは価格上昇の裏でCardanoネットワークが順調な成長を遂げていることを示していると考えられます。

カルダノのステーキングやステークプールに関する情報は、以下の「Cardano PoolTool」で確認することができます。
>>「Cardano PoolTool」はこちら

「ガバナンス面の分散化」でも進展

また最近では「ガバナンス面の分散化」という点で重要な意味を持つ『Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)』も本格的に稼働し始めています。

「Project Catalyst」とは"カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのプロジェクトを募集して、コミュニティ投票で実際に採用するプロジェクトを決定し、そのプロジェクトに対して資金提供を行うための仕組み"のことであり、この投票が可能になったことによってコミュニティ主導で"Cardanoプロジェクトの進む道"を決めることができるようになりました。

先日12日にはコミュニティ投票で採用された"実際に資金提供を行う11のプロジェクト"が決定したことも報告されており、これらのプロジェクトの中には「日本関連のプロジェクト」が複数含まれているため、日本のCardanoコミュニティでも今後の進展に大きな期待が寄せられています。

Cardanoプロジェクトでは2021年にも様々な新機能がリリースされる予定となっているため、今後も「Cardano財団・IOHKの新たな発表」や「Project Catalystで採用された各種プロジェクトの動向」などには注目が集まります。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

【Cardano/ADA】新機能を搭載した最新版ウォレット「Daedalus 2.5.0」リリース

【Cardano/ADA】新機能を搭載した最新版ウォレット「Daedalus 2.5.0」リリース

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す