リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

by BITTIMES

オンラインウォレットサービスであるuphold(アップホールド)は、プラットフォームに新たに仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を追加すると発表しました。Upholdユーザーは、XRPを含む9つの仮想通貨を23種類の通貨と4つの貴金属で交換し、世界中のメンバーに即座に送金することができます。

uphold(アップホールド)とは?

Uphold app img

uphold(アップホールド)は、国際的に利用されているアメリカのオンライン金融サービスです。
様々な法定通貨や仮想通貨の購入や保管ができるだけでなく、23種類の法定通貨や4種類の貴金属(金/銀/パラジウム/白金)に変換することができます。

upholdは現在までに、30億ドルを超えるデジタル資産取引を行っており、メンバーファンドの完全な準備金を提供し、取引フロー、資産および支払能力の完全な透明性をウェブサイトから直接提供しています。

この高水準な透明性のは当然XRPにも適用されるため、消費者の可視性がさらに高まり、デジタル資産の将来的な取引にはプラスの兆候が見られます。

取り扱う仮想通貨の種類

upholdで利用できる仮想通貨は、リップルが追加されたことで次の9種類となりました。

  • Bitcoin(BTC)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Bitcoin Gold(BTG)
  • Ethereum(ETH)
  • Litecoin(LTC)
  • Ripple(XRP)
  • Dash(DASH)
  • Voxels(VOX)
  • Basic Attention Token(BAT)

取り扱う法定通貨の種類

upholdで利用できる法定通貨は次の23種類です。

・アジア
日本円(JPY)/香港ドル(HKD)/中国人民元(CNY)/英国ポンド(GBP)/インドルピー(INR)/シンガポールドル(SGD)/フィリピンペソ(PHP)

・中東
アラブ首長国連邦ディルハム(AED)/イスラエルのシェケル(ILS)

・太平洋
オーストラリアドル(AUD)/ニュージーランドドル(NZD)

・北アメリカ
アメリカドル(USD)/カナダドル(CAD)

・南アメリカ
アルゼンチンペソ(ARS)/ブラジルレアル(BRL)/メキシコペソ(MXN)

・アフリカ
ケニアシリング(KES)

・ヨーロッパ
ユーロ(EUR)/スウェーデンクローナ(SEK)/スイスフラン(CHF)/デンマーククローネ(DKK)/ノルウェークローネ(NOK)/ポーランドゾロチ(PLN)

リップル(XRP)の流動性が高まる可能性も

upholdは、サービスを基本的に無料で利用できるだけでなく、upholdメンバー間の国際的な送金も手数料無料で即座に行うことができます。

取り扱う通貨を地域ごとに分類すると、upholdで提供される通貨の大多数がアジアを拠点としていることがわかります。upholdは現在、XRPを外部ウォレットに転送することを認めていませんが、同社はすぐにこの機能を導入する予定であるとされています。

upholdは、米国でリップルの取引ができる唯一のプラットフォームとなるようなので、今後米国でのリップルの流動性は更に高まることが予想されます。

アップホールド社のCEOであるAdrian Steckel(エイドリアン・ステッケル)氏は次のように語っています。

「XRPの需要は大きく、アップホールドはXRPへのアクセスを容易にする初めてのプラットフォームとなります。」

リップル(XRP)は一般ユーザーからも高い支持を集める

UpholdのJP Theriot副会長によると、リップルの採用はTwitterでのアンケート投票を元に行われたとのことで、リップル(XRP)は約12,000票のうちの51%を占め、もっとも追加するべき通貨であることが判明したとされています。

またTheriot氏は、Uphold社が約1ヵ月をかけてリップルの統合に取り組んでいたことを語っています。

「当社には内部オーダーブック(注文控元帳)がないので、システムのことを考えるとほとんどの場合、当社と取引ができるような企業を見つける必要があります。当社は、第三者との統合を構築しなければなりません。リップル(XRP)の場合は、まったく新しいブロックチェーンで、ERC-20トークンを追加するのとは違い、統合は当社にとって比較的簡単なことです。」

「Upholdは費用対効果に優れた透明な方法で、メンバーにどこでもお金を保管、送金、変換することができます。利用可能な通貨にXRPを追加することは、われわれのプラットフォームのための自然でエキサイティングなステップです」

Uphold(アップホールド)社によると、次のサポートフェーズではリップルネットワーク自体との統合も予定されており、メインネットを経由した口座振込や口座引落が可能になるとされています。これは今後数週間のうちに行われるともいわれています。

リップル(XRP)の今後に注目

今回の発表について、RippleのXRP市場責任者であるMiguel Vias氏は次のように述べています。

「XRPエコシステムは多様化し急速に成長しています。顧客にデジタル資産への容易なアクセスを提供する強力な小売プラットフォームであるUphold上のXRPのリストは、XRPに対する関心の大幅な増加を示しています。」

リップルはHyperledgerProjectにも参加しました

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

リップル(XRP)を取り扱う国内の取引所としては、GMOコイン/bitbank/DMM bitcoin/BitTrade/QUOINEX/Coincheckなどがあります。

取引手数料/スプレッド/セキュリティなどの面から考えると、GMOコインやbitbankがおすすめです。
GMO FX 取引の画像手数料が安さが魅力の仮想通貨取引所GMOはこちら
仮想通貨取引所 bitbank の画像アルトコインの購入に最適な仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル価格高騰で時価総額2位に、その将来性は?

リップル価格高騰で時価総額2位に、その将来性は?

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

注目度の高い仮想通貨ニュース

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

コインチェックをマネックスグループが買収?

コインチェックをマネックスグループが買収?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す