暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

by BITTIMES

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」は2021年2月24日に『ビットコインなどの暗号資産を使用して手数料無料で楽天グループのオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージできる新サービスを開始したこと』を発表しました。仮想通貨でチャージした「楽天キャッシュ」は、全国の楽天ペイ(アプリ決済)・楽天ポイントカード加盟店などでの買い物に利用することができます。

こちらから読む:GMOコイン、Tezosのステーキングサービス提供へ「国内ニュース」

暗号資産による「楽天キャッシュ」チャージ機能を追加

楽天ウォレット(Rakuten Wallet)は2021年2月24日に『ビットコインなどの暗号資産を使用して手数料無料で楽天グループのオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージできる新サービスを開始したこと』を発表しました。

手数料無料でチャージして、暗号資産を有効活用

「楽天キャッシュ」へのチャージは、同社が提供している現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」を通じて行うことができるようになっており、『暗号資産を用いたチャージは取引金額に制限なく手数料無料でチャージ可能』だと説明されています。

暗号資産でチャージした楽天キャッシュは「楽天市場」などといった楽天グループ各種サービスで使用したり、「楽天ペイ(アプリ決済)」や「楽天ポイントカード」アプリを利用して全国のスーパー・コンビニ・ドラッグストアなどで支払いに使用したりすることができるとのことです。

また『楽天ペイ(アプリ決済)では、楽天キャッシュを用いて支払いを行うと"楽天ポイント"が100円につき1ポイント貯まるため、より便利かるお得に暗号資産を活用することができる』とも説明されています。

チャージに利用可能な暗号資産は「3銘柄」

「楽天キャッシュ」へのチャージに利用可能な暗号資産は同社が取り扱っている以下の3枚柄となっており、1ヶ月間でチャージ可能な金額は「最低1,000円〜最大100,000円まで」とされています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

また、2021年春頃には「楽天ペイ」アプリ上から簡単に「楽天ウォレット」アプリへとアクセスすることができるようになるため、暗号資産を用いた楽天キャッシュのチャージがより簡単に行うことができるようになるとも報告されています。

(画像:楽天ウォレット)(画像:楽天ウォレット)

「最大1,000ポイントがもらえるキャンペーン」開催

楽天ウォレット(Rakuten Wallet)は今回のサービス開始を記念して『暗号資産から楽天キャッシュへチャージで最大1,000ポイントプレゼントキャンペーン』を開始したことも発表しています。

このキャンペーンの開催期間は「日本時間2021年2月24日〜2021年3月24日まで」となっており、キャンペーン期間中に現物取引口座から「楽天キャッシュ」にチャージすると、チャージ金額に応じて以下の数量の「楽天ポイント」を付与すると説明されています。

1回のチャージ金額贈呈ポイント
1,000円以上100ポイント
5,000円以上500ポイント
10,000円以上1,000ポイント

>>「楽天ウォレット」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノSNS「Cardano Spot」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

カルダノSNS「Cardano Spot」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す