民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

by BITTIMES

暗号資産取引所を運営している「DeCurret(ディーカレット)」や3メガバンク・NTTなど30社が協力して、2022年にデジタル通貨の共通基盤を実用化する予定であることが明らかになりました。この共通基盤が構築されることによって、乱立する様々な電子マネーやデジタル通貨を自由に交換することができるようになり、企業間の大口決済や取引などでも個別の取引内容を把握・追跡することができるようになると期待されています。

こちらから読む:Liquid、不正アクセスで"個人情報流出"の可能性「国内ニュース」

30社以上が参画する「デジタル通貨フォーラム」設立へ

暗号資産取引所を運営している「DeCurret(ディーカレット)」は2020年6月〜9月の約4ヶ月間に渡って、日本を代表する銀行・小売・運輸・情報通信などといった様々な分野の主要企業や有識者と共に関係省庁関係者も交えながら「デジタル通貨勉強会」を開催していましたが、2020年11月19日にはこの勉強会を「デジタル通貨フォーラム」へと発展させることが発表されました。

デジタル通貨勉強会には「みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、インターネットイニシアティブ(IIJ)、セブン銀行、NTTグループ、KDDI、東日本旅客鉄道(JR東日本)」などといった日本を代表する大手企業や金融機関が数多く参加していましたが、今回新たに「野村ホールディングス、東京海上日動火災保険、大同生命保険、関西電力」などが加わり参画企業は30社を超えたと報告されています。

デジタル通貨フォーラムでは「民間発行デジタル通貨」に関する様々なユースケースを想定した概念実証が実施される予定となっており、各業界をリードする主要企業の参加を促しながら、幅広い分野での情報共有や意見交換を行なっていく予定だと説明されています。

「民間発行デジタル通貨」について

「二層構造のデジタル通貨モデル」を採用

DeCurret(ディーカレット)は今回の発表の中で『勉強会でデジタル通貨に関する検討を進めてきた結果、ブロックチェーンベースでデジタル通貨のコア機能である共通領域と、ビジネスロジック・スマートコントラクトを実装する付加領域を併せ持つ「二層構造のデジタル通貨モデル」が経済の発展に貢献できるのではないかとの考えに至った』と説明しています。

これはデジタル通貨を「価値情報を書き込む共通領域(下層部分)」と「様々なビジネスニーズに応じて付加機能をスマートコントラクトで付加する領域(上層部分)」の二層構造で構築する考え方であり、これによって「デジタルによる決済手段確率」と「様々なビジネスニーズへの対応」を両立させることができると期待されています。

二層構造のデジタル通貨(画像:デジタル通貨勉強会最終報告書)二層構造のデジタル通貨(画像:デジタル通貨勉強会最終報告書)

「各種電子マネーとの交換機能」で支払いが便利に

現在の構想では、デジタル通貨は個人や企業が持つ現預金を裏付け資産として銀行口座と同様の役割を持つウォレットに銀行を通じて発行される予定となっています。このデジタル通貨は送金や支払いに使用できるだけでなく、既存のスマホ決済サービスや電子マネーと交換することもできるようになる予定だと報告されています。

ここ最近では「電子マネー」や「スマホ決済サービス」が乱立したことによって『各サービスの対応店舗がわかりづらく使いづらい』といった問題が発生していましたが、デジタル通貨の共通基盤が構築されることによって『交通系電子マネーにしか対応していない店舗でも"別のスマホ決済サービス"を使用して支払うことができる』といったことが可能になると期待されています。

「企業間の大口決済・取引」にも対応予定

またデジタル通貨は「企業間の大口決済や取引」にも対応する予定だと伝えられています。ディーカレットが開発する決済基盤は分散型台帳技術(ブロックチェーン)を使用しているため、ブロックチェーン上に情報を書き込むことによって「個別の取引内容を把握・追跡することができる」という利点がもたらされます。

参画企業は2021年4月から、小売・製造・物流・電力といった分科会ごとに実証実験を開始することを計画しており、2022年にもデジタル通貨の共通基盤が実用化される予定だと報じられています。

>>「DeCurret」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:販売所で「XRP」の取扱い開始|10万円が当たるキャンペーンも

ビットフライヤー:販売所で「XRP」の取扱い開始|10万円が当たるキャンペーンも

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

Shiba InuのL2「Shibarium」来週ベータ版リリースへ|BONE価格も一時急騰

Shiba InuのL2「Shibarium」来週ベータ版リリースへ|BONE価格も一時急騰

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

MARBLEXのMBXトークン:韓国の大手暗号資産取引所「Bithumb」に上場

MARBLEXのMBXトークン:韓国の大手暗号資産取引所「Bithumb」に上場

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨や個人情報を盗む「Skypeの偽アプリ」報告|メッセージ自動置換の脅威も

仮想通貨や個人情報を盗む「Skypeの偽アプリ」報告|メッセージ自動置換の脅威も

Binance Labs「Arkhamの独自トークン」に投資|ARKM価格は一時急騰

Binance Labs「Arkhamの独自トークン」に投資|ARKM価格は一時急騰

話題のSHIBフランチャイズ「Welly」店舗拡大計画|自動販売機も展開予定?

話題のSHIBフランチャイズ「Welly」店舗拡大計画|自動販売機も展開予定?

何かが始まる?シバイヌ主任開発者「SHIBインフルエンサー」に集合の呼びかけ

何かが始まる?シバイヌ主任開発者「SHIBインフルエンサー」に集合の呼びかけ

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

OKCoinJapan:学生の取引手数料を無料化「学割キャンペーン」開催へ

注目のミームコインは?ドージコインの価格動向と新参者ミームネイターとの比較

注目のミームコインは?ドージコインの価格動向と新参者ミームネイターとの比較

ドージコインの動きに注目?「休眠ウォレットの活動活発化+DOGEクジラの増加」報告

ドージコインの動きに注目?「休眠ウォレットの活動活発化+DOGEクジラの増加」報告

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

最近、ビットコインが高騰した理由を解説

CoinWがシドニー開催のWiki Finance Expoに参加|自主規制とハイブリッド戦略を強調

CoinWがシドニー開催のWiki Finance Expoに参加|自主規制とハイブリッド戦略を強調

キャプテン翼RIVALS「約5億2,000万円相当のTSUGT」をバーン

キャプテン翼RIVALS「約5億2,000万円相当のTSUGT」をバーン

柴犬:Shib Walletで「シードフレーズを必要としないウォレット復元機能」を提供

柴犬:Shib Walletで「シードフレーズを必要としないウォレット復元機能」を提供

シバイヌ(SHIB)慈善団体「マニー・パッキャオ財団」と提携|NFT無料配布も実施

シバイヌ(SHIB)慈善団体「マニー・パッキャオ財団」と提携|NFT無料配布も実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す