民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

by BITTIMES

暗号資産取引所を運営している「DeCurret(ディーカレット)」や3メガバンク・NTTなど30社が協力して、2022年にデジタル通貨の共通基盤を実用化する予定であることが明らかになりました。この共通基盤が構築されることによって、乱立する様々な電子マネーやデジタル通貨を自由に交換することができるようになり、企業間の大口決済や取引などでも個別の取引内容を把握・追跡することができるようになると期待されています。

こちらから読む:Liquid、不正アクセスで"個人情報流出"の可能性「国内ニュース」

30社以上が参画する「デジタル通貨フォーラム」設立へ

暗号資産取引所を運営している「DeCurret(ディーカレット)」は2020年6月〜9月の約4ヶ月間に渡って、日本を代表する銀行・小売・運輸・情報通信などといった様々な分野の主要企業や有識者と共に関係省庁関係者も交えながら「デジタル通貨勉強会」を開催していましたが、2020年11月19日にはこの勉強会を「デジタル通貨フォーラム」へと発展させることが発表されました。

デジタル通貨勉強会には「みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、インターネットイニシアティブ(IIJ)、セブン銀行、NTTグループ、KDDI、東日本旅客鉄道(JR東日本)」などといった日本を代表する大手企業や金融機関が数多く参加していましたが、今回新たに「野村ホールディングス、東京海上日動火災保険、大同生命保険、関西電力」などが加わり参画企業は30社を超えたと報告されています。

デジタル通貨フォーラムでは「民間発行デジタル通貨」に関する様々なユースケースを想定した概念実証が実施される予定となっており、各業界をリードする主要企業の参加を促しながら、幅広い分野での情報共有や意見交換を行なっていく予定だと説明されています。

「民間発行デジタル通貨」について

「二層構造のデジタル通貨モデル」を採用

DeCurret(ディーカレット)は今回の発表の中で『勉強会でデジタル通貨に関する検討を進めてきた結果、ブロックチェーンベースでデジタル通貨のコア機能である共通領域と、ビジネスロジック・スマートコントラクトを実装する付加領域を併せ持つ「二層構造のデジタル通貨モデル」が経済の発展に貢献できるのではないかとの考えに至った』と説明しています。

これはデジタル通貨を「価値情報を書き込む共通領域(下層部分)」と「様々なビジネスニーズに応じて付加機能をスマートコントラクトで付加する領域(上層部分)」の二層構造で構築する考え方であり、これによって「デジタルによる決済手段確率」と「様々なビジネスニーズへの対応」を両立させることができると期待されています。

二層構造のデジタル通貨(画像:デジタル通貨勉強会最終報告書)二層構造のデジタル通貨(画像:デジタル通貨勉強会最終報告書)

「各種電子マネーとの交換機能」で支払いが便利に

現在の構想では、デジタル通貨は個人や企業が持つ現預金を裏付け資産として銀行口座と同様の役割を持つウォレットに銀行を通じて発行される予定となっています。このデジタル通貨は送金や支払いに使用できるだけでなく、既存のスマホ決済サービスや電子マネーと交換することもできるようになる予定だと報告されています。

ここ最近では「電子マネー」や「スマホ決済サービス」が乱立したことによって『各サービスの対応店舗がわかりづらく使いづらい』といった問題が発生していましたが、デジタル通貨の共通基盤が構築されることによって『交通系電子マネーにしか対応していない店舗でも"別のスマホ決済サービス"を使用して支払うことができる』といったことが可能になると期待されています。

「企業間の大口決済・取引」にも対応予定

またデジタル通貨は「企業間の大口決済や取引」にも対応する予定だと伝えられています。ディーカレットが開発する決済基盤は分散型台帳技術(ブロックチェーン)を使用しているため、ブロックチェーン上に情報を書き込むことによって「個別の取引内容を把握・追跡することができる」という利点がもたらされます。

参画企業は2021年4月から、小売・製造・物流・電力といった分科会ごとに実証実験を開始することを計画しており、2022年にもデジタル通貨の共通基盤が実用化される予定だと報じられています。

>>「DeCurret」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan「ENJ・OMG」取扱い開始|現物取引・パーペチュアル取引でサポート

FTX Japan「ENJ・OMG」取扱い開始|現物取引・パーペチュアル取引でサポート

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

トロン(TRON/TRX)上場!グローバル仮想通貨取引所「2社」が取り扱いを発表

トロン(TRON/TRX)上場!グローバル仮想通貨取引所「2社」が取り扱いを発表

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

国内初の「NFTアート専用保険」提供開始:HARTi×三井住友海上

国内初の「NFTアート専用保険」提供開始:HARTi×三井住友海上

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

Ledger Live「FTXを介した暗号資産交換機能」を追加|アプリ内で直接交換可能に

Ledger Live「FTXを介した暗号資産交換機能」を追加|アプリ内で直接交換可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す