【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output」は2021年2月25日に、「Mary(メアリー)」と呼ばれるカルダノプロトコルの大型アップデートが日本時間2021年3月2日に行われることを発表しました。このアップデートではネイティブトークンとマルチアセットのサポートなどが行われます。

こちらから読む:GMOコイン、暗号資産FXに"Tezos"追加「暗号資産」関連ニュース

Maryアップデート日時「2021年3月2日」で確定

Input Output(IOG)は2021年2月25日に、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発における重要なアップデートの1つである「Mary(メアリー)」と呼ばれるアップデートの日程が日本時間2021年3月2日午前6時44分51秒(エポック251)で確定したことを発表しました。

Mary(メアリー)は、スマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)などの面で重要な意味を持つ開発段階「Goguen(ゴーグエン)」における重要ステップであり、このアップデートによって開発者の人々はCardanoブロックチェーンでカスタムトークンを発行したり、既存のプロジェクトをCardanoに移行したりすることができるようになります。

私たちは積極的に開発に取り組んでいます!!本日「Mary」と呼ばれるカルダノプロトコルのアップデートが3月1日に実施されることが確定しました。

Goguenの展開における1つの重要な節目であるこのアップデートでは、ネイティブトークンとマルチアセットのサポートが導入され、Cardanoにエキサイティングな新しいユースケースがもたらされます。

Maryアップデートのアップデート提案を間も無くメインネットに送信し、世界協定時刻2021年3月1日21時44分51秒(エポック251)のタイミングでハードフォークコンビネータイベントを介して有効にする準備ができています。

明日開催される「Cardano360」ショーでMaryアップデートについて詳しく説明します。その他にも多くの素晴らしい事柄について説明を行いますので、事前に登録を済ませておいてください。

Maryアップデートは「カルダノブロックチェーンを用いたトークン発行」を可能にするため、Cardanoの分散型ブロックチェーンは"マルチアセットブロックチェーン"へと進化することになります。

これによって「分散型金融(DeFi)Non Fungible Token(NFT)ステーブルコイン」などといった様々なサービスをCardanoブロックチェーン上で構築することが可能となるため、Cardanoの技術活用がさらに加速する可能性があると期待されます。

Maryアップデートの詳細については、日本時間2021年2月26日午前2時30分から開催される「Cardano360」ショーで説明が行われる予定となっています。

>>「Cardano360」の登録はこちら

2021年2月25日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は2021年1月初頭から順調に回復し続けており、先日21日には一時的に122円付近まで回復しました。その後はやや下落したものの、現在は再び回復してきており、2021年2月25日時点では「1ADA=109.48円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年12月10日〜2021年2月25日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月10日〜2021年2月25日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

トロン(TRON/TRX)ETH・EOSの「合計ボリューム」を凌駕|約48億円の取引量を記録

家具大手ニトリ:ブロックチェーン物流システム「2020年秋」にも導入へ=日経報道

家具大手ニトリ:ブロックチェーン物流システム「2020年秋」にも導入へ=日経報道

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す