非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

by BITTIMES

株式会社techtecなどをはじめとする複数の国内企業は2021年2月26日に、日本における分散型金融(DeFi)の普及を目的とした業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」を設立したことを発表しました。JDAの創設メンバーにはブロックチェーン業界で積極的に活動を続けている9つの有名企業・団体が名を連ねています。

こちらから読む:ビットフライヤー、"友だち招待プログラム"提供開始「国内ニュース」

Japan DeFi Alliance(JDA)とは

Japan-DeFi-Alliance-JDA

Japan DeFi Alliance(JDA)は、日本における分散型金融(DeFi)の普及を目的とした非営利団体であり、教育・金融分野でのブロックチェーン活用を進める「株式会社techtec」を発起人として以下のような様々な企業が創設メンバーとして参加しています。

  • 株式会社techtec(代表取締役CEO:田上智裕)
  • Maker Foundation(Japan Lead:Kathleen Chu)
  • Kyber Network(日本マーケティング責任者:堀次泰介)
  • 株式会社HashHub(共同創業者CEO:平野淳也)
  • Fintertech株式会社(代表取締役社長:武田誠)
  • Stake Technologies株式会社(代表取締役CEO:渡辺創太)
  • ソラミツ株式会社(CFO:大竹勝博)
  • FRAME00株式会社(CEO:原麻由美、CTO:Aggre)
  • Fracton Ventures株式会社(Co-Founder:鈴木雄大)

Japan DeFi Alliance(JDA)は『分散型金融は世界的にもまだまだ未整備の黎明状態にあるため、金融業界の変革が期待されるDeFiの普及・発展のために国内市場を牽引する団体が必要だった』と述べており、『DeFiの正しい知見を共有し、イノベーションを阻害しない適切な法規制を整備するためにJDAが中心となって金融領域におけるブロックチェーン活用を推進していく』と説明しています。

Japan DeFi Alliance(JDA)の活動内容について

Japan DeFi Alliance(JDA)が取り組む具体的な活動内容としては以下のように説明されています。

ナレッジ共有

分散型金融(DeFi)を普及させるために、正しい理解が進むようナレッジ共有の場を創出します。具体的には、セミナーやカンファレンスの開催、海外プレイヤーを招待しての勉強会などを実施していきます。

ビジネスマッチング

会員同士にシナジーが生まれるようビジネスマッチングを積極的に行なっていきます。黎明期のDeFi業界において、日本国内からもプレイヤーが出てくることは重要な意味を持ちます。

政策提言

金融業界に変革をもたらしうるDeFiの未来を決めるのは適切な法規制です。他国の規制動向をキャッチアップし、最適な規制が整備されるよう提言を続けていきます。

参画・協力できる企業・団体も幅広く募集

Japan DeFi Alliance(JDA)は今回の発表の中で「JDAに参画する企業・団体も幅広く募集していること」も報告しており、『JDAに参画することによって、DeFiに関する正しい知見やノウハウを獲得できるだけでなく、企業間の繋がりを創出することができる』と説明しています。

また、JDAは日本国内でDeFiの普及を推進するために、様々な他業界の企業・団体とコラボレーションを行うことも計画しているとのことで「イベント開催や情報交換などで協力できる企業・団体」なども募集していると報告されています。

分散型金融(DeFi)は現在世界的に注目を集めており、一部のDeFiプロジェクトは急速に成長を続けていますが、「Japan DeFi Alliance(JDA)」が設立されたことによって今後は日本国内でもDeFiの認知度・理解度が高まり、業界全体がさらに発展していくと期待されます。

>>「Japan DeFi Allianceのウェブサイト」はこちら
>>「Japan DeFi Alliance」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月18日〜24日

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

英金融規制当局「Binance Group」について消費者に警告

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す