非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

by BITTIMES

株式会社techtecなどをはじめとする複数の国内企業は2021年2月26日に、日本における分散型金融(DeFi)の普及を目的とした業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」を設立したことを発表しました。JDAの創設メンバーにはブロックチェーン業界で積極的に活動を続けている9つの有名企業・団体が名を連ねています。

こちらから読む:ビットフライヤー、"友だち招待プログラム"提供開始「国内ニュース」

Japan DeFi Alliance(JDA)とは

Japan-DeFi-Alliance-JDA

Japan DeFi Alliance(JDA)は、日本における分散型金融(DeFi)の普及を目的とした非営利団体であり、教育・金融分野でのブロックチェーン活用を進める「株式会社techtec」を発起人として以下のような様々な企業が創設メンバーとして参加しています。

  • 株式会社techtec(代表取締役CEO:田上智裕)
  • Maker Foundation(Japan Lead:Kathleen Chu)
  • Kyber Network(日本マーケティング責任者:堀次泰介)
  • 株式会社HashHub(共同創業者CEO:平野淳也)
  • Fintertech株式会社(代表取締役社長:武田誠)
  • Stake Technologies株式会社(代表取締役CEO:渡辺創太)
  • ソラミツ株式会社(CFO:大竹勝博)
  • FRAME00株式会社(CEO:原麻由美、CTO:Aggre)
  • Fracton Ventures株式会社(Co-Founder:鈴木雄大)

Japan DeFi Alliance(JDA)は『分散型金融は世界的にもまだまだ未整備の黎明状態にあるため、金融業界の変革が期待されるDeFiの普及・発展のために国内市場を牽引する団体が必要だった』と述べており、『DeFiの正しい知見を共有し、イノベーションを阻害しない適切な法規制を整備するためにJDAが中心となって金融領域におけるブロックチェーン活用を推進していく』と説明しています。

Japan DeFi Alliance(JDA)の活動内容について

Japan DeFi Alliance(JDA)が取り組む具体的な活動内容としては以下のように説明されています。

ナレッジ共有

分散型金融(DeFi)を普及させるために、正しい理解が進むようナレッジ共有の場を創出します。具体的には、セミナーやカンファレンスの開催、海外プレイヤーを招待しての勉強会などを実施していきます。

ビジネスマッチング

会員同士にシナジーが生まれるようビジネスマッチングを積極的に行なっていきます。黎明期のDeFi業界において、日本国内からもプレイヤーが出てくることは重要な意味を持ちます。

政策提言

金融業界に変革をもたらしうるDeFiの未来を決めるのは適切な法規制です。他国の規制動向をキャッチアップし、最適な規制が整備されるよう提言を続けていきます。

参画・協力できる企業・団体も幅広く募集

Japan DeFi Alliance(JDA)は今回の発表の中で「JDAに参画する企業・団体も幅広く募集していること」も報告しており、『JDAに参画することによって、DeFiに関する正しい知見やノウハウを獲得できるだけでなく、企業間の繋がりを創出することができる』と説明しています。

また、JDAは日本国内でDeFiの普及を推進するために、様々な他業界の企業・団体とコラボレーションを行うことも計画しているとのことで「イベント開催や情報交換などで協力できる企業・団体」なども募集していると報告されています。

分散型金融(DeFi)は現在世界的に注目を集めており、一部のDeFiプロジェクトは急速に成長を続けていますが、「Japan DeFi Alliance(JDA)」が設立されたことによって今後は日本国内でもDeFiの認知度・理解度が高まり、業界全体がさらに発展していくと期待されます。

>>「Japan DeFi Allianceのウェブサイト」はこちら
>>「Japan DeFi Alliance」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

仮想通貨に関する金商法改正案「衆議院本会議で可決」法案成立は濃厚に

仮想通貨に関する金商法改正案「衆議院本会議で可決」法案成立は濃厚に

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の実証実験「2021年春」に開始|民間事業者とも連携

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の実証実験「2021年春」に開始|民間事業者とも連携

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す