AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

by BITTIMES

マレーシアの航空会社であるAirAsiaは、ビッグコイン(BigCoin)と呼ばれる独自の仮想通貨の導入を計画していることをNIKKEI ASIAN REVIEWに語りました。搭乗者はビッグコインを使用して様々なサービスを購入することができます。

同社は1月に、仮想通貨決済を可能にするモバイルウォレットサービスであるBigPayも発表しており、搭乗者は機内Wi-Fiを使ってBigPayを利用することでビッグコインを使って食べ物や飲み物を購入することができるとされています。

最終的には、モバイルプラットフォームを使用して送金業務や融資業務に参入したいと考えているとのことです。

AirAsia Groupは、タイ/インドネシア/フィリピン/インドなどに現地航空会社を所有しており、現在はベトナム/中国/ミャンマーに予算航空会社を設立する準備を進めています。

日本でのサービス提供も計画

AirAsiaの最高経営責任者(CEO)であるトニー・フェルナンデス氏は、AirAsiaの事業拡大のために日本にも訪れており、今後予定している計画の中でも特に優先されるのが日本であることも明らかにしています。

同氏によると、予定されている計画には日米と日欧を結ぶ長距離ルートが含まれているため、現在はエアバスとボーイングの両方と交渉し、より広い大型のジェット機の購入を検討しているとのことです。

海外の航空会社では、このほかにも様々な国でブロックチェーン技術やビットコイン決済が導入されてきています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「仮想通貨への期待高い」米スターバックス会長

「仮想通貨への期待高い」米スターバックス会長

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

イラン政府と中央銀行、仮想通貨に対する認識の違い

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ヘッジファンドに億万長者「スティーブン・コーエン」が投資

仮想通貨ヘッジファンドに億万長者「スティーブン・コーエン」が投資

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

【速報】bitflyerが新規ユーザーの受け入れ停止|本人確認などの徹底を急ぐ

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

セントラリティ(CENNZ)ニュースまとめ|2018年6月

セントラリティ(CENNZ)ニュースまとめ|2018年6月

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

仮想通貨市場に「BlackRock」参入か|600兆円の資金流入の可能性

仮想通貨市場に「BlackRock」参入か|600兆円の資金流入の可能性

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す