SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

by BITTIMES

SBIホールディングスは2021年3月9日に、同社の子会社である「FXクリアリング信託株式会社」が運用型信託業の免許を取得したことを発表しました。日本経済新聞の報道によると、同社は今後キャッシュレス事業者や暗号資産(仮想通貨)向けの業務に進出することを計画していると報じられています。

こちらから読む:BITPointJapan、トロン(Tron/TRX)取扱いへ「国内ニュース」

キャッシュレス・暗号資産向け業務に進出

SBIホールディングスは2021年3月9日に、同社の子会社である「FXクリアリング信託株式会社」が2021年3月9日付けで運用型信託業の免許を取得したことを発表しました。なお、今回の免許取得に伴い「FXクリアリング信託」は2021年4月9日に称号を「SBIクリアリング信託株式会社」に変更する予定だとされています。

「信託」とは"自分の財産を信頼できる企業などに託して管理・運用してもらうこと"であり、信託会社には受託者が自らの裁量で信託財産の運用等を行う「運用型信託会社」と、自らは運用や処分を行わない「管理型信託会社」が存在します。

FXクリアリング信託は「管理型信託業」の登録を受けた上でFX取引に係る参加者の資産保全を目的としたサービスを提供していましたが、今回の発表では『FX業界に留まることなく受託財産の多様化に対応し、運用手法の高度化も進めるために、運用型信託業免許を取得した』と説明されています。

公式発表の中では「仮想通貨」などについては触れられていないものの、日本経済新聞の報道では『(FXクリアリング信託は)FXなど限られた領域でしか信託業務ができなかったが、今後はキャッシュレス事業者や暗号資産(仮想通貨)向けの業務に進出する計画』だと報じられています。

SBIグループはここ数年間で暗号資産・ブロックチェーン関連の事業を急速に拡大しており、1月末には「三井住友フィナンシャルグループ」と協力して「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(ODX)」を2021年3月に共同設立することを発表している他、2月にはSTO関連事業強化に向けてスイスの「Sygnum Bank」に出資したことなども報告されています。

>>「SBIホールディングス」の公式発表はこちら
>>「日本経済新聞」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す