フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

by BITTIMES

フランスの小売大手「G​​roupe Casino(カジノグループ)」は、テゾス(Tezos/XTZ)を基盤としたユーロのステーブルコイン「Lugh(EUR-L)」の導入を計画していると伝えられています。このステーブルコインは最初に投資家向けに販売されるものの、将来的にはコンソーシアム参加ブランドで支払い・報酬などに使用される予定だと報じられています。

こちらから読む:Grayscale、FILなどの投資信託提供開始「暗号資産」関連ニュース

​​Groupe Casino:ステーブルコイン「Lugh」導入か

フランスとラテンアメリカで11,000を超える店舗を展開している小売大手「G​​roupe Casino(カジノグループ)」が、テゾス(Tezos/XTZ)を基盤としたユーロのステーブルコイン「Lugh(ティッカーシンボル:EURL)」の導入を計画していることが複数の報道で明らかになりました。

G​​roupe Casino(カジノグループ)からの公式発表は行われていないものの、このステーブルコインは最初に仮想通貨投資家向けに提供され、その後は支払いや報酬などにも活用される予定だと報じられています。

Coinhouseで販売し「決済利用」などに拡大

Lughの公式サイトによると、このステーブルコインはフランスで仮想通貨交換業ライセンスを取得している仮想通貨取引所「Coinhouse」、ステーブルコインのインフラプロバイダーである「Sceme」、研究開発会社「Nomadic Labs」、金融サービスグループ「Societe Generale」などの協力によって開発されているとされています。

なお、一部の報道では『G​​roupe CasinoがステーブルコインLughをローンチする』と報じられていますが、「Coinhouseの公式Twitter」では『このステーブルコインは、Tezosを基盤として、Scemeによって開発され、Lughによって発行される』と説明されているため、実際には​​『Lughによって発行されるステーブルコインが将来的にGroupe Casinoで採用される』の間違いである可能性もあると考えられます。

Lugh(EURL)はテスト段階が完了するまでの間は「Coinhouse」でのみ利用可能だとされていますが、12〜24ヶ月以内には「店舗での支払い」にも使用することができるようになり、将来的には「ロイヤルティポイント」としてコンソーシアムに参加する全てのブランドで利用することができるようになると伝えられています。

なお、Lugh(EURL)に関する情報は「Groupe Casino」の公式サイトには記載されていないものの、「Coinhouse」や「Lugh」の公式サイトではその概要が詳しく説明されています。

>>「Lugh」の公式サイトはこちら
>>「Coinhouse」の公式サイトはこちら

テゾス(Tezos/XTZ)を取扱う暗号資産取引所GMOコインはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す