CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

by BITTIMES

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は2021年3月30日に、ビットコイン(BTC)を0.1BTC単位で購入することができる新たなデリバティブ商品「マイクロビットコイン先物」を2021年5月3日から提供開始する予定であることを発表しました。

こちらから読む:PayPal、"仮想通貨決済機能"提供開始「暗号資産」関連ニュース

CME「マイクロビットコイン先物」提供を予定

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は2021年3月30日に、ビットコイン(BTC)を0.1BTC単位で購入することができる新たなデリバティブ商品「マイクロビットコイン先物」を提供開始する予定であることを発表しました。

「マイクロビットコイン先物」は規制当局の承認を得た上で2021年5月3日から発売される予定だとされており、『小規模な契約サイズは、機関投資家や個人投資家など様々な市場参加者がビットコイン価格変動のリスクをヘッジしたり、効率的かつ費用対効果の高い方法でビットコイン取引戦略を実行するための新たなツールになる』と説明されています。

CMEのエクイティ・インデックス&オルタナティブ投資商品のグローバル責任者であるTim McCourt(ティム・マコート)氏は「マイクロビットコイン先物」の提供について次のようにコメントしています。

2017年にビットコイン先物契約を開始して以来、特に機関投資家の間で仮想通貨デリバティブの流動性と市場参加者が着実に増加しています。マイクロビットコイン先物の導入は幅広いクライアントからの「小規模な契約」に関する需要に答えるためのものであり、市場参加者が規制に基づいたビットコイン先物をCMEグループで透明かつ効率的な方法で取引するための、さらに多くの選択肢と精度を提供します。

CMEは2017年12月からビットコイン先物を提供している大手デリバティブ取引所であるため、同取引所で新たなビットコイン先物が提供されることによって、さらに市場が活発化すると期待されています。

>>「CME」の公式発表はこちら

2021年3月31日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は「PayPalの仮想通貨決済サービス開始」「Bakktの消費者向けアプリリリース」などといった複数のニュースを受けて一時的に6万ドル(約663万円)付近まで上昇したものの、その後は急落しており、2021年3月31日時点では「1BTC=6,427,752円」で取引されています。

2021年3月30日〜2021年3月31日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年3月30日〜2021年3月31日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

ビットバンク「ミクシィ」と資本業務提携|NFT・IEO・ステーキング事業も検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す