Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)を利用している5億3,300万人の「氏名、電話番号、Facebook ID、所在地、過去の居住地、生年月日」などのデータがハッカー向けサイト上で無料公開された可能性があることが明らかになりました。これらの情報は暗号資産取引所のログイン情報にも使用されている場合があるため、Facebookユーザーは十分注意が必要です。

こちらから読む:フィギュア大手Funko、NFT市場に参入「暗号資産」関連ニュース

個人情報を悪用した「不正ログイン」などに要注意

イスラエルのセキュリティ企業「Hudson Rock(ハドソンロック)」の共同創設者兼CTOであるAlon Gal(アロン・ガル)氏は2021年4月3日に、Facebook(フェイスブック)を利用している合計5億3,300万人分の個人情報がハッカー向けウェブサイトで"無料公開"されたことを報告しました。

533,000,000件のFacebook記録がすべて無料でリークされました。

これはFacebookのアカウント有している方のアカウントに使用されている電話番号が漏洩した可能性が非常に高いことを意味します。

Facebookがデータ漏洩の過失を認めたところを見たことがありません。

今回流出した個人情報の中には「氏名、電話番号、Facebook ID、所在地、過去の居住地、生年月日」などが含まれており、場合によっては「メールアドレス、アカウント作成日、交際ステータス、自己紹介」なども流出している可能性があると報告されています。

これらのデータは2019年時点で既に一部のハッカーなどに漏洩していたものの、今回はそれらのデータ全てが"無料"で公開されているため、今後はこれらの個人情報を悪用する事例が徐々に増加していく可能性があると懸念されています。

Facebookから今回の件についての公式発表は行われていないものの、情報漏洩の原因となったセキュリティの脆弱性は2019年8月時点で既に修正されていると報告されています。

「氏名・電話番号・生年月日・メールアドレス」などの個人情報が悪意のある人物に知られてしまった場合には、それらの情報を使用して暗号資産取引所や仮想通貨ウォレットなどといった重要なサービスにアクセスされてしまう可能性もあるため、Facebook利用者の方は今後の不正アクセスなどに十分注意し、パスワードリセットなどのメールが届いていないかなどをしっかりと確認する必要があります。

また、Facebookに登録していた電話番号・メールアドレス宛てに詐欺メールや脅迫メールなどが送信される可能性もあると考えられるため、そのような注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

WEBサイトに「仮想通貨取引機能」を実装できるWordPressプラグイン登場

WEBサイトに「仮想通貨取引機能」を実装できるWordPressプラグイン登場

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

ビットポイント:TRX保有者に対する「APENFT(NFT)エアドロップ」対応方針を発表

ビットポイント:TRX保有者に対する「APENFT(NFT)エアドロップ」対応方針を発表

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

イーロン・マスク氏「ビットコイン価格操作の批判」に反論|BTC決済再開の可能性も

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す