イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は2021年5月3日に投資家の間で注目されていた3,000ドル(約328,000円)のラインを突破しました。今回の価格上昇によってETHの時価総額は39兆円を超えており、「ウォルト・ディズニー」や「バンク・オブ・アメリカ」の時価総額を上回っています。

こちらから読む:ウズベキスタン、仮想通貨取引合法化へ「暗号資産」関連ニュース

時価総額で「ディズニー・バンカメ」上回る

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は2021年5月3日に投資家の間で注目されていた3,000ドル(約328,000円)のラインを突破しました。その後も価格上昇は続いており、記事執筆時点では「1ETH=3,100ドル(約34万円)」前後で推移しています。

2021年4月13日〜2021年5月3日 ETH/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)2021年4月13日〜2021年5月3日 ETH/USDTの1時間足チャート(画像:BINANCE)

今回の価格上昇によってイーサリアムの時価総額は3,600億ドル(約39兆円)を超えており、「Walt Disney(ウォルト・ディズニー)」や「Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)」の時価総額を追い抜いています。

(画像:AssetDash)(画像:AssetDash

「AssetDash」のデータによると、イーサリアムの時価総額は「NVIDIA(約3,730億ドル)」「Mastercard(約3,750億ドル)」「Walmart(約3,930億ドル)」にも迫ってきているため、近い将来にはこれら複数の大手企業の時価総額も超えることになると予想されます。

イーサリアム(ETH)関連の好材料

イーサリアム(ETH)にプラスの影響を与えると考えられるニュースはここ最近で数多く報告されており、「PayPal(パイパル)」や「Venmo(ベンモ)」などでETH関連のサービスが開始されている他、イーサリアムのブロックチェーン上でも数多く発行されている「Non-Fungible Token(NFT)」の人気も世界的に高まってきています。

また、カナダでは合計4つのイーサリアムETF(上場投資信託)が承認されており、2021年7月には大型アップデート「ロンドン」を予定、イーサリアム2.0で「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」への移行が完了すれば送金手数料・取引速度・消費電力などといった様々な問題が解決すると期待されるため、そのような複数の要因が長期的なETH価格上昇を支えていると考えられます。

仮想通貨市場全体では2021年4月18日に大幅な急落が見られており、その後は多くの仮想通貨で価格下落が続いていたものの、ETH価格はこのタイミングでも2,300ドル前後をキープし続けており、その後は他の仮想通貨に先立って「過去最高値の更新」を続けているため、今後の動きにも期待が高まっています。

2021年5月3日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月18日に22万円付近まで下落した後は、26日頃まで25万円前後での推移を続けていたものの、その後は上昇傾向が続いており、2021年5月3日時点では「1ETH=344,244円」で取引されています。

2021年4月3日〜2021年5月3日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)2021年4月3日〜2021年5月3日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Terra(LUNA)創業者Do Kwon氏など6名に逮捕状:韓国

Terra(LUNA)創業者Do Kwon氏など6名に逮捕状:韓国

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

カルダノ(ADA)が「bitbank」に上場|取引手数料無料キャンペーンも開催

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

テレビでNFTの閲覧・取引「LG Art Lab」を発表:LG Electronics

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

LINE:NFT総合マーケットプレイスで「NFT無料配布機能」提供へ

LINE:NFT総合マーケットプレイスで「NFT無料配布機能」提供へ

DMMビットコイン:CHZ取扱記念「ファントークンプレゼントキャンペーン」開始

DMMビットコイン:CHZ取扱記念「ファントークンプレゼントキャンペーン」開始

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す