送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

by BITTIMES   

決済大手「PayPal(ペイパル)」が所有するモバイル送金サービス「Venmo(ベンモ)」は2021年4月20日に、暗号資産を取引・保管することができる新機能『Crypto on Venmo』を追加したことを発表しました。Venmoは発表時点で「ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ」の仮想通貨4銘柄をサポートしています。

仮想通貨は「BTC・ETH・LTC・BCH」をサポート

Venmo(ベンモ)は2021年4月20日に、暗号資産を取引・保管することができる新機能『Crypto on Venmo』を追加したことを発表しました。

利用可能な暗号資産は以下の4種類となっており、取引は2021年4月20日から開始、暗号資産の売買は最低1ドル(約108円)から行うことができるとされています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

『Crypto on Venmo』を利用すると、Venmoに保管されている資金やVenmoに紐付けられた銀行口座・デビットカードなどを使用して簡単に暗号資産を売買することができるとされており、全ての取引はVenmoアプリで直接管理されると説明されています。

なお、この仮想通貨取引機能はニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可された米ドル連動ステーブルコイン「PAX」を発表している「Paxos Trust Company」と「PayPal」のパートナーシップによって実現しています。

仮想通貨を学ぶためのサービスなども提供

(画像:Venmo)(画像:Venmo)

『Crypto on Venmo』では暗号資産のトレンドを表示させたり、アプリ内のガイドやビデオにアクセスしてよくある質問の答えを確認したりなど、仮想通貨の世界について詳しく知ることができるとも説明されています。

VenmoのDarrell Esch氏は公式発表の中で『私たちの目標は信頼あるVenmoのアプリで、利用者が簡単に暗号資産を売買できるようにし、消費者の方々が抱く一般的な質問や誤解についてわかりやすく説明するプラットフォームを提供することだ』コメントしています。

同社が2020年に実施した顧客行動調査の結果では、Venmo利用者の30%以上がすでに『仮想通貨や関連株を購入した経験がある』と回答したとされています。なお、そのうちの20%は新型コロナウイルスのパンデミック中に仮想通貨を購入したとも報告されています。

仮想通貨関連サービスは「PayPal」含めた様々な企業で提供が開始されていますが、今回新たに「Venmo」でサービスが開始されたことによって、今後は仮想通貨がさらに一般化していくと期待されます。なお『Crypto on Venmo』は現時点で一部のユーザーのみに提供されており、今後数週間以内には全てのユーザーが利用可能になるとされています。

>>「Venmo」の公式発表はこちら
>>「Crypto on Venmo」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「Chiliz関連トークンの取扱い」を検討

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「Chiliz関連トークンの取扱い」を検討

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米裁判所「BINANCE・米SECの合意内容」を承認|差止命令は取消しに

米裁判所「BINANCE・米SECの合意内容」を承認|差止命令は取消しに

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す