日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

by BITTIMES

エンターテイメント関連サービスを提供している「Emel Ventures」は2021年5月11日に、LINE Blockchainを基盤とした日本市場向けのソーシャルカラオケアプリ『SOMESING for LINE Blockchain』をiOS・Android向けにリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:ディーカレット、ETHマイニング運用サービス提供へ「国内ニュース」

日本向けアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

Emel Venturesは2021年5月11日に、LINE(ライン)独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」を基盤とした日本市場向けのソーシャルカラオケアプリ『SOMESING for LINE Blockchain』をiOS・Android向けにリリースしたことを発表しました。

SOMESING(サムシング)はブロックチェーン技術を応用したソーシャルカラオケアプリであり、独自のリワードシステムによって自分が歌った歌に対して公正な報酬を受け取ることができるように設計されています。

同アプリでは人気のJ-POPや最新K-POPを含む約4万曲が提供されており、ユーザーの曲を聴いたファンの人々は「SOMESINGトークン」を贈ることができるようになっています。SOMESINGトークンはブロックチェーン技術を通して付与され、所有量に応じて仮想通貨リンク(LINK/LN)と交換可能な「LINKリワード」が付与されます。

SOMESINGを提供している「Emel Ventures」は公式発表の中で同アプリについて次のように説明しています。

サムシングは利用者中心のUI/UXをベースにしてカラオケアプリが基本的に持って行くべきの高品質の音源および様々なサウンドエフェクト、映像録画ツールを提供するサービスにて既存類似なサービスたちの重要問題点だった「有料化によるユーザ離脱」、「コンテンツに対する経済的な報酬の不在」をトークンエコノミーを通じて補完したグローバル最初のブロックチェーンベースのソーシャルカラオケアプリです。

新型コロナの拡散以来、非対面時代に最適化された「非対面(Untact)カラオケアプリ」サービスとして急成長しており、最近は単純なカラオケアプリを超えてミュージックプラットフォームへの飛躍に向けて様々な領域に事業拡張しています。

LINE Blockchain基盤で「日本向け」に開発

海外向けのSOMESINGは、韓国のインターネットサービス大手「Kakao(カカオ)」の子会社である「GroundX(グラウンドエックス)」の独自ブロックチェーン「Klaytn(クレイトン)」を用いて構築されていますが、今回リリースされた『SOMESING for LINE Blockchain』は日本市場向けに「LINE Blockchain」を基盤として構築されています。

SOMESINGの代表であるKim Heuibae氏は『SOMESING for LINE Blockchain』のリリースについて次のようにコメントしています。

カラオケ文化の発祥地でありながら、グローバルカラオケ市場占有率1位を記録している日本ユーザー向けに「LINE Blockchain」を基盤とした『SOMESING for LINE Blockchain』を提供できることを非常に嬉しく思います。カラオケ市場の強国である日本でも、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって「非対面サービス」の需要は高まっていくことになると予想されます。

SOMESINGが有している独自のモバイルカラオケ技術を基盤として、日本ユーザーに特化したエンターテインメントサービスとして定着できるように「LINE TECH PLUS PTE. LTD.(LTP)」と緊密に協力していくことを予定しています。日本市場での安着に加えて、グローバル市場にもサービスを拡大していけるよう最善を尽くしていきます。

『SOMESING for LINE Blockchain』はすでに「App Store」と「Google Play Store」の両方でリリースされているため、以下のリンク先ページからダウンロードすることができます。

>>「SOMESING(iOS版)」はこちら
>>「SOMESING(Android版)」はこちら
>>「SOMESING」の発表はこちら
>>「SOMESING」の公式サイトはこちら
>>「LINE Blockchain」のアプリ紹介ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

DEA社:Watch & Earn採用のビデオストリーミングサービス「PlaysiaTV」共同開発へ

DEA社:Watch & Earn採用のビデオストリーミングサービス「PlaysiaTV」共同開発へ

元MLB選手のNFTアート作品「LA交差点の巨大看板」に掲載|ユニークな仕掛けも

元MLB選手のNFTアート作品「LA交差点の巨大看板」に掲載|ユニークな仕掛けも

仮想通貨の税制変更「金融庁からも国税庁に要望提出すべき」藤巻議員

仮想通貨の税制変更「金融庁からも国税庁に要望提出すべき」藤巻議員

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

Oasys:戦略的投資ラウンドを完了「Galaxy Interactive・MZ Web3ファンド」などが参加

コインチェック「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域で提携

コインチェック「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域で提携

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す