4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

by BITTIMES   

4月12日の19時頃から、様々な仮想通貨の価格が高騰しています。高騰の理由については、関連すると思われるいくつかのニュースが挙げられていますが、今のところ明確な理由はわかっていません。
2020年6月追記:仮想通貨の呼称は2020年5月に「暗号資産」へと変更されました。記事内に記載されている「仮想通貨取引所・仮想通貨」などの表現は2020年5月以前の表現であり、現在は全て「暗号資産」へと変更されています。

ほとんどの仮想通貨が大きく上昇

トップ10の仮想通貨価格

2018年4月12日の19時頃から、主要な仮想通貨のほとんどが高騰しています。

また有名な仮想通貨だけでなくマイナーな仮想通貨も同様に上昇しており、一般的にも認知されつつあるイオス(EOS)カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)は、24時間で20%以上も上昇しています。

ビットコイン(BTC)の現在の価格は?

2018年4月12日ビットコインのチャート2018年4月12日ビットコインのチャート(coingeckoから)

ビットコイン(BTC)の価格は4月12日19時の時点で、1BTC=約730,000円となっていましたが、2時間後の21時には1BTC=約825,000円まで高騰しました。

イーサリアム(ETH)の現在価格は?

2018年4月12日イーサリアムのチャート2018年4月12日イーサリアムのチャート(coingeckoから)

イーサリアム(ETH)の価格は4月12日19時の時点で、1ETH=約45,000円となっていましたが、2時間後の21時には1ETH=約50,000円近くまで高騰しています。

高騰の理由は?

高騰の理由としては、ソロス財団の市場参入や、新規事業者の買い上げ、ドイツ政府の公式発表などが関係しているとも噂されていますが、今のところはっきりした情報はわかっていません。

しかしこれまでにも好材料となるニュースはいくつも発表されていたため、総合的な結果として仮想通貨全体の上昇に繋がったのではないかと考えられます。

良い話題が多いにも関わらずこれまで長い間停滞していた事もあるため、長期的なトレンドとなる可能性も高いとみられています。

おすすめの取引所

世界規模で絶大な信頼|bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2018年9月1日~8日まで茨城県つくば市で開催される、約85の国や地域からおよそ860人が参加する「第30回国際情報オリンピック日本大会」に協賛することが明らかになっています。

ビットフライヤーはここ数年で様々なアルトコインの取扱いもスタートしており、リスク(Lisk/LSK)なども購入できます。

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像圧倒的な信頼をもつ仮想通貨取引所bitFlyerはこちら

貸仮想通貨サービスを開始|GMOコイン

アルトコインの購入なら各種手数料が無料のGMOコインがおすすめです。
GMOコインは「貸仮想通貨」サービスを開始しています。

GMO FX 取引の画像各種手数料が無料の仮想通貨取引所GMOコインはこちら

安定の仮想通貨積み立て|Zaif

Zaif(ザイフ)の仮想通貨積み立てサービスで長期的に保有すれば、手軽に賢く仮想通貨投資を始めることができます。

投資経験がない方にもおすすめの投資方法

仮想通貨取引所 Zaif の画像仮想通貨の積み立てサービスも提供している取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

Coincheck NFT × CryptoSpells「50枚限定のゴールドカード」5月13日に販売開始

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

アスター(ASTR)わずか数分で価値が2倍に|価格急騰の理由は?

アスター(ASTR)わずか数分で価値が2倍に|価格急騰の理由は?

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す