仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

by BITTIMES   

仮想通貨取引所GMOコインの第2期決算公告によると、昨年の同時期は1200万円の赤字となっていた同社のの純利益は、事業開始から半年間で1億200万円の黒字となっていることが明らかになりました。累積利益や損失の指標となる利益剰余金は9000万円とのことです。また、前年度の決算公告と比べると、株主資本は4億円から18億円に増加しています。
2020年6月追記:仮想通貨の呼称は2020年5月に「暗号資産」へと変更されました。記事内に記載されている「仮想通貨取引所・仮想通貨」などの表現は2020年5月以前の表現であり、現在は全て「暗号資産」へと変更されています。

仮想通貨市場は大きな変化の時期を迎えています。

GMOコイン急成長の理由は?

GMOコインは、2016年に設立されたGMOインターネットの子会社であり、17年5月から仮想通貨FXや現物売買といったサービスを提供しています。

GMOコイン特有のサービスを積極的に展開

同社は早い時期から仮想通貨FX専用スマートフォンアプリ「ビットレ君」を発表しており、GMOグループの従業員がGMOコインを通してビットコイン(BTC)で給与の一部を受け取ることができるような環境を提供するほか、取引所ではなく販売所としての形で運営することによるシンプルな取引さまざまな手数料が無料であることなどによって、アルトコインの購入に最も適しているとの高い評価も受けていました。

リップル(XRP)も購入できる

GMOコインでは、リップル(XRP)を購入することができるのも大きな魅力の一つです。ここ最近ではリップルに関する大きなニュースも多く話題となったため、GMOコインでのリップル購入者が多かったのではないか?とも考えられます。

GMOコインでは次のような仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨市場で第二ラウンド開幕?

仮想通貨取引を行う事業には、Yahoo/LINE/サイバーエージェントも参入を発表しているほか、先日話題となったマネックスグループによるCoincheck(コインチェック)の買収など、大きな変化が起こりつつあります。今年中にはSBIバーチャル・カレンシーズでの取引が開始されることも踏まえると、2018年は大手企業の参入や金融庁の規制強化も含めた、新しい仮想通貨市場が幕を開けることが予想されます。

おすすめの取引所は?

仮想通貨取引所はどれか一つに絞ろうとするのではなく、それぞれのメリットをしっかりと理解した上で使い分けれるように、複数の取引所を利用する事をおすすめします。

主要な取引所のメリットや特徴の比較などはこちらの記事をどうぞ。

GMO FX 取引の画像今勢いのあるアルトコインの購入にも最適な仮想通貨取引所GMOコインはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3メタバース「XANA」XETAトークンのステーキングが可能に

Web3メタバース「XANA」XETAトークンのステーキングが可能に

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

FTX Japan「XEM・QTUM・IOST・XTZ」のパーペチュアル取引提供開始

FTX Japan「XEM・QTUM・IOST・XTZ」のパーペチュアル取引提供開始

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す