ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

by BITTIMES   

ドイツ国民観光局(German National Tourism Board)は、サービスのためのビットコインなどを利用した仮想通貨決済を受け入れることを発表しました。同組織は、世界中の32カ国に拠点を持つドイツの旅行先を推進しています。また、GNTBは財務にブロックチェーン技術を導入する予定です。

ドイツ国家観光局(GNTB)が提供するサービスは、仮想通貨で支払うことができます。ドイツを旅行先として奨励する組織は、今年3月からビットコイン決済を受け入れるとのプレスリリースが発表された。また、国際金融取引の処理においてブロックチェーン技術をテストする中期計画を発表しました。

ドイツ国家観光局は、連邦議会によって設立されました。GNTBはフランクフルト・アム・マインに本社を置き、世界32カ国にオフィスを構えています。

ドイツ政府観光局は、60年以上にわたり、連邦共和国における国際的な旅行機会の促進に取り組んでいます。特定のテーマ、イベント、アトラクションに基づいて、常に新しいマーケティング戦略やコンセプトを開発しています。これらは世界中の複数の市場に導入されている「Destination Germany」ブランドの下で実装されています。

GNTBは、ドイツの旅行会社/商取引/業界団体などのパートナーのマーケティング活動の最適化に積極的に取り組んでいると述べています。
また、旅行者の交通量を増やし外貨領収証を増やすために、成長を続ける市場での販売活動にも参加しています。

理事会は、ドイツを多様で魅力的な旅行先として位置づけながらも、ビジネスの場としての国のプロファイルも強化しています。これを実現するために、ドイツのビジネスと提携して運送や宿泊施設から買い物の機会や観光スポットまで一連のサービスを提供しています。

GNTBのPetra Hedorfer議長は次のように述べています。

「当社のデジタル化戦略の中で我々は絶えず最新の技術を検証し仮想通貨を支払い手段として受け入れ、財務上のブロックチェーン技術の導入を可能にすることで、観光業界のイノベーション・ドライバーとして位置づけたいと考えています。」

主要な欧州経済の当局は、仮想通貨に対して比較的ソフトなアプローチをとっています。ドイツ連邦財務省は「交換の際にビットコインを課税すべきではない」と発表しています。ドイツの金融監督機関であるBafinは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で投資家に伝統的な金融商品に適用される規制を参照し、現行の要件を遵守するようアドバイスしました。

このような決定は、同国におけるビットコインの採用に有利な条件を作り出しました。昨年、ドイツ最大の食糧供給ポータルLieferando.deは、ニュースとしてビットコイン決済を導入し始めたと発表しました。同社はTakeaway.com BVの所有であり、ヨーロッパ各地で多数のオンライン配信サービスを運営しています。今月、ドイツの仮想通貨メディアは、Lieferandoの顧客がビットコインキャッシュで注文することができると発表しました。

各国のビットコイン決済に関する記事はこちら
>>ビットコイン決済の関連記事

仮想通貨を賢く購入するならZaifの定期購入がおすすめ
仮想通貨取引所 Zaif の画像〜仮想通貨取引所 Zaif はこちら

Zaifコイン積立の概要はこちらをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンベースの「革新的報酬システム」を従業員向けに開始:PayPal

ブロックチェーンベースの「革新的報酬システム」を従業員向けに開始:PayPal

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す