Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

by BITTIMES

Google(グーグル)が仮想通貨関連の広告方針(ポリシー)を明確化し『8月3日から、米国を対象として仮想通貨取引および仮想通貨ウォレットを提供する広告主は、特定の要件を満たし、Googleの認定を受けている場合に、これらの商品とサービスを宣伝することができる』といった内容を追加したことが明らかになりました。

こちらから読む:Kraken、スマホ向けアプリをリリース「暗号資産」関連ニュース

ICO・DeFiなどの広告は今後も禁止

Google(グーグル)は2018年頃から仮想通貨関連の広告の一部に制限をかけていましたが、2021年6月には金融商品・サービスに関するポリシーが更新され『8月3日より、米国を対象として仮想通貨取引および仮想通貨ウォレットを提供する広告主は、次の要件を満たし、Googleの認定を受けている場合に、これらの商品とサービスを宣伝することができる』という内容が追加されたことが明らかになりました。

Googleの認定を受けるためには「法律に基づいてFinCENにマネーサービス事業者として登録、および少なくとも1つの州で送金事業者として登録すること」または「連邦または州が認定した金融機関であること」が求められるとされており、「現地の法的要件を含む、関連する法的要件を遵守すること」や「広告とランディングページですべてのGoogle広告ポリシーを遵守すること」も必要となると説明されています。

ただし、今回広告掲載が許可されたのは仮想通貨取引所仮想通貨ウォレットのみとなっており、ICODeFi取引プロトコル、仮想通貨もしくは関連商品の購入・販売・売買に関する宣伝」や「仮想通貨発行者やその関連商品の情報を集約・比較する広告のリンク先」などの広告表示は許可されないと注意書きがなされています。

以下は許可されません。

× イニシャル コイン オファリング(ICO)の広告、DeFi 取引プロトコルの広告、または仮想通貨もしくは関連商品の購入、販売、売買を宣伝する広告

例(すべての例を網羅するものではありません): ICOのプレセールまたは公募の広告、仮想通貨ローンの広告、イニシャルDEXオファリングの広告、トークン流動性プールの広告、有名人による仮想通貨推奨広告、非ホスト型ウォレットの広告、規制対象外の DAppsの広告

× 仮想通貨の発行者やその関連商品の情報を集約または比較する広告のリンク先

例(すべての例を網羅するものではありません): 仮想通貨の取引シグナルや投資アドバイス、関連コンテンツまたは仲介業者のレビューを含む情報集約サイトやアフィリエイトサイト

広告主は「新たな広告掲載認定の申請」が必要に

なお、米国の仮想通貨取引に関する以前の広告掲載認定は『2021年8月3日に全て取り消しになる』とされており、『広告主はGoogleが2021年7月8日に公開する申請フォームで、仮想通貨取引および仮想通貨ウォレットについて新しい広告掲載認定を申請する必要がある』と説明されています。

広告掲載が許可されるのは条件を満たした一部の企業のみに限られているものの、仮想通貨関連広告のポリシーが更新されたことによって、仮想通貨関連のビジネスとサービスの宣伝を許可する範囲と要件が明確化されたため、詐欺関連の広告が排除されて業界の健全な発展にもつながる可能性があると期待されています。

ただし、過去には『一部の詐欺サイトは"ビットコイン"などの仮想通貨関連キーワードだけを排除した偽サイトを作成して、Google広告の制限をうまく回避している』といったことも報告されているため、Google広告のリンクからサイトにアクセスする場合には今後も"詐欺サイトの可能性があること"を考慮する必要があると考えられます。

>>「Google」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

Blockchain Game Alliance:ゲーム業界の大手企業がブロックチェーン同盟を締結

Blockchain Game Alliance:ゲーム業界の大手企業がブロックチェーン同盟を締結

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す