MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)やイーサリアム基盤のトークンを保管することができる人気の仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」は2021年5月3日に、MetaMaskユーザーからウォレットの復元フレーズを盗み取ろうとする"フィッシング詐欺"が増加していることを報告し、注意喚起を行いました。

こちらから読む:イーサリアム価格、3,000ドル突破「暗号資産」関連ニュース

「復元フレーズを盗む詐欺師」に要注意

MetaMask(メタマスク)は2021年5月3日のツイートで、MetaMaskユーザーを標的とした新しいフィッシングボットが増加しきていることを報告し、そのような詐欺に騙されないようにと注意喚起を行いました。

報告によると、この詐欺師は『Instant Support』という名称の"公式サポートを装ったGoogleドキュメントフォーム"を用いてMetaMaskユーザーを誘導し、このGoogleドキュメントフォームに「ウォレット復元フレーズ」などの情報を入力するように要求すると報告されています。

一般的な仮想通貨ウォレットでは、万が一の際にウォレットを復元できるようにするための「復元フレーズ」が発行されるようになっていますが、この復元フレーズが悪意のある第三者に知られてしまった場合には、自分の知らない場所でウォレットを復元して資産を盗まれてしまう可能性があるため、十分注意する必要があります。

🚨フィッシングに注意してください!新しいタイプのフィッシングボットが活発化してきています。🎣

このフィッシング詐欺は"普通"に見えるアカウントによって行われていますが、そのアカウントにフォロワーはほとんどいません。詐欺師はブロックするのが難しい「Googleスプレッドシート」のような主要サイトでサポートフォームに記入することを要求し、あなたの復元フレーズを求めてきます。

MetaMaskは『Googleドキュメント形式のサポートシステムは持っていない』と説明しており、このような詐欺行為が自分の身を守る方法として『アプリ内からサポートを求めるようにすること』を挙げています。

MetaMaskが提供している公式アプリ・拡張機能には『サポートを受ける』『サポートセンターへ移動』『問い合わせ』などの項目が存在しているため、何か問題が発生した場合は「いつも使用しているアプリ・拡張機能内部の機能」からサポートを求めることが重要です。

MetaMaskのアプリ(左)と拡張機能(右)のサポートボタンMetaMaskのアプリ(左)と拡張機能(右)のサポートボタン

仮想通貨市場では「仮想通貨取引所へのハッキング」や「個人ユーザーを標的とした詐欺脅迫」などの行為が定期的に行われており、仮想通貨価格が上昇しているタイミングではそのような被害が増加する傾向があります。

今回報告されたケースのような「復元フレーズを聞き出してウォレットの資産を盗む」という手法は、その他のウォレットなどでも行われているため、自分の仮想通貨ウォレットで資産を管理している方もそのような詐欺行為に十分注意する必要があります。

複数の暗号資産を安全に保管することができる「TREZOR(トレザー)」の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

注目度の高い仮想通貨ニュース

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

FXcoin「暗号資産レンディングサービス」提供へ|BTC・XRPなど4銘柄

FXcoin「暗号資産レンディングサービス」提供へ|BTC・XRPなど4銘柄

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

【BINANCE】株式トークン取引サービス「Stock Tokens」提供開始|Tesla株から取扱い

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

米カリフォルニア州のピザチェーン「Papa Murphy’s」Cardano(ADA)決済に対応

米カリフォルニア州のピザチェーン「Papa Murphy’s」Cardano(ADA)決済に対応

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す