仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

by BITTIMES   

仮想通貨業界では新しいプロジェクトが続々と発表されていますが、その一方では投資家の資産を騙し盗ろうとする"詐欺行為"が相次いで報告されています。この記事では「仮想通貨界隈で横行している詐欺の種類や概要」に加え「被害を避けるための対策や注意点」などをわかりやすく説明しています。

こちらから読む:日本人を標的にしたケースも多数「詐欺」関連ニュース

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)詐欺

ICO詐欺とは、新しい仮想通貨を発行して資金調達を行う「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」で出資を募り、一定数の資金が集まった時点で調達した資金を持ち逃げする手法のことを指します。

2017年頃にはICOで資金調達を行うプロジェクトが世界的に急増しましたが、最近では「ICOの8割は詐欺だった」とも言われています。現在は世界各国で仮想通貨規制が強化されてきているため、ICO関連の詐欺行為も減少してきていますが、ICO詐欺の可能性は依然として残っているため、ICOに参加する際にはそのプロジェクトについて事前にしっかりと下調べをすることが重要です。

ここ最近では、ICOの問題点を解決した新しい資金調達方法として「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)」なども注目を集めています。IEOは新規仮想通貨の販売を行う前に、仮想通貨取引所がプロジェクトの審査を行う仕組みとなっているため、ICOに比べると信頼できるものとなっています。

しかし、IEOに関してもケースによっては「審査を行う取引所自体が詐欺に加担している可能性」もあるため、投資前の下調べが重要であることに変わりはありません。

フィッシング詐欺・なりすまし詐欺

フィッシング詐欺とは、実在する企業やサービスを騙ったメールを送信して偽サイトにアクセスさせるなどの手法で重要な個人情報を盗み出す行為のことを指します。フィッシング詐欺で使用される"偽サイト"は、本物そっくりなデザインで設計されている場合が多いため、騙されていることに気付かずに「メールアドレス」や「パスワード」を入力してしまう可能性があります。

最近ではフィッシングサイトのURLを本物に類似させているケースも増えてきているため、"URLの直打ち"でサイトにアクセスしている方などは特に注意する必要があります。"URLを直打ちしていない"という方も、ログイン情報などの重要な個人情報を入力する場合は「Webサイトが本物かどうか」をしっかりと確認する癖をつけることが重要です。

フィッシング詐欺の被害に遭わないようにするための方法としては、
・取引所などの公式サイトには"ブックマーク機能"を利用してアクセスすること
・重要な情報を入力する際にはURLなどをしっかりと確認すること
・不審なメールや掲示板などに書かれたURLからアクセスしないこと
・二段階認証(2FA)などの設定を行うこと
などが挙げられます。なお「Google検索の検索結果で上位に表示される"広告枠"のWebサイトがフィッシングサイトだった」というケースも報告されているため注意が必要です。

ねずみ講・マルチ商法

ねずみ講とは、会員を増やすことによって紹介料としての利益を得るグループやシステムのことであり、無限連鎖講とも呼ばれています。利益を得る仕組みとしては、グループの会員になるために会員費の支払いが必要となる代わりに、会員になれば他の会員を増やすことによって"紹介料"として利益を得ることができるようになっています。

このような仕組みを採用しているため、会員数が急速に増加していくようになっており、一般的にはグループ設立の初期に参加していたメンバーがより多くの配当を受け取ることができる仕組みとなっているため、初期メンバーが特に大きな利益を得ることができるようになっています。

ねずみ講に近い仕組みとしては"マルチ商法"と呼ばれるものがありますが、この2つは「"お金のやり取り"を主目的に勧誘している」か「"商品やサービスの販売"を主目的に勧誘している」かという点で違いがあります。"お金のやり取り"を主目的としている「ねずみ講」は違法行為に該当しますが、"商品・サービスの販売"を主目的としている「マルチ商法」に関しては特定商取引法の第33条という規定に即した方法で行われている場合に限り違法行為には該当しません。

しかし「マルチ商法」を利用している詐欺プロジェクトなども存在しているため、基本的には「必ず儲かる」などの言葉を使用した勧誘行為などには注意を払う必要があります。仮想通貨プロジェクトでは特に難しい用語が多く使用されるため、内容を詳しく理解できない人を標的にして、"儲かる"などの安易な言葉で勧誘するケースが多く見られますが、基本的にどのようなプロジェクトでも「必ず儲かる」という保証はないため、勧誘を受けた場合には自分自身でしっかりと内容を判断するようにしましょう。

最近では、有名人の名前を使用したり、実際に有名人を広告塔に立てて勧誘を行うプロジェクトも存在していますが、このようなプロジェクトに関しても「最終的に詐欺だった」というケースが報告されているため注意が必要です。もしもこのような詐欺の被害に遭ってしまった場合には「消費者庁」や「国民生活センター」に相談するようにしましょう。

ポンジ・スキーム

ポンジ・スキームとは、「出資を受けた資金を運用して、その利益を出資者に還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わずに新たな参加者などから集めた資金の一部をそのまま出資者に渡すことによって、資産運用で利益を生み出していると錯覚させる詐欺行為のことを指します。

これは単に他の人から集めた資金の一部を配っているだけであり、実際には利益は出ていないため、新しい出資者がいなくなれば最終的に配当を配ることができなくなり、案件は破綻することになります。ポンジ・スキームを行う詐欺師たちは、一定数の資金が集まった時点で資金を持ち逃げすることなどによって巨額の資金を騙し取ります。

例えば「出資金200万円を支払えば、毎月5万円の配当が得られる」といった条件を提示している場合は、その出資者に対して最高40ヶ月間は配当を支払い続けることができることになります。出資者は実際に毎月5万円の配当を受け取るため、"この案件は信頼できる"と確信し、出資額を増やしたり、知人に紹介したりします。

しかし悪徳業者は出資者が増えたタイミングで資産を持ち逃げするため、仮に1年間配当が支払われたと仮定すると「160万円を騙し取られる」ということになります。

HYIP(ハイプ)関連の詐欺

HYIP(ハイプ)詐欺とは、"通常では考えられないほど高い利回り"を謳って投資家を募り、お金を騙し取る詐欺行為のことを指します。HYIP(ハイプ)は「High Yield Investment Program」の略語であり、日本語に訳すと「高収益プログラム」という意味になります。

「HYIP」という言葉は定義が幅広いため、全てのHYIPが悪いものだという訳ではなく、高利回りを謳っているプロジェクトの全てが詐欺だという訳でもありませんが、実際にそのような高利回りを実現するのは難しく、HYIP関連の被害報告も多数報告されているため、"高収益な案件にはその分リスクがある"ということを認識しておくことが重要です。

このような詐欺プロジェクトは「AIトレード」や「マイニング」などといった様々な方法で"高収益を実現する"と主張していますが、実際には「ねずみ講」や「ポンジスキーム」などの手法をとっているケースもあります。このような詐欺の場合、最初の間は告知されていた通りの報酬が支払われるため"騙されやすい"という問題があります。

仮想通貨業界は実際に"短期間で数億円を稼いだ"という人も存在するため「通常ならば信じないような高収益プログラムを信じてしまう」という危険性があります。悪徳業者は情報をあまり持っていない情報弱者を標的にすることが多いため、少しでもプロジェクトが怪しいと感じた場合には「詳しい人の意見」や「ネット上での評判」などに耳を傾けるようにしましょう。

エアドロップ詐欺

エアドロップ詐欺とは、仮想通貨を無料配布するエアドロップ(AirDrop)という制度を悪用して資産や個人情報を盗み出す方法のことを指します。エアドロップは「知名度向上・流通量拡大」などのために正当な方法で実施されている場合も多いため、エアドロップ参加者が自分自身で詐欺かどうかを見極めることが重要です。

エアドロップは単純に仮想通貨を無料配布するものであるため、参加する場合に提供すべきものとしては「受け取り用のウォレットアドレス」場合によっては「氏名・メールアドレス」などがあれば十分であり、「秘密鍵」や「パスワード」などの情報を提供する必要はありません。

しかし、エアドロップ詐欺の場合はこのような「必要以上の情報提供」を求めたり、「最初に〜〜BTCを送金したらその倍額を支払う」などと伝えることによって相手の仮想通貨を騙し盗ろうとします。「秘密鍵」や「パスワード」などの情報を提供してしまった場合にはウォレットそのものを乗っ取られてしまう可能性があるため十分注意する必要があります。

また「エアドロップを受けるためには指定のサイトで登録を行うように」と求めてくるケースもありますが、場合によっては指定されたホームページでウイルスに感染したり、フィッシング詐欺に引っかかってしまう可能性もあるため、この点にも注意を払う必要があります。

詐欺被害を避けるためにできる対策は?

仮想通貨業界には専門用語も多く、技術面を詳しく理解している人も少ないため、そのような知識を有していない初心者をターゲットにした詐欺行為が多発しています。またある程度の専門知識を持っている方が詐欺の被害に遭うケースなども報告されているため、初心者以外の方も注意を払っておくことが重要です。

詐欺の被害に遭わないようにするためには、
・「簡単・確実に稼げる」などの言葉に惑わされないこと
・有名人・知人が利用しているからといって簡単に信用しないこと
・重要な個人情報を大切に管理すること
・必要な知識を身につけて自分のわかる範囲で投資すること
・投資する前の事前確認を入念に行うこと
などが重要となりますが、詐欺の手法や内容などは常に変化しているため「最新の詐欺情報や手法などをチェックしておくこと」も重要です。

仮想通貨に関連する詐欺のニュースが世界中で報道されるようになり、各国の規制が強化されたことなどによって、仮想通貨関連の詐欺行為はやや減少してきましたが、新しい詐欺プロジェクトなども誕生してきており、その内容も 複雑になってきているため、あまり知られていないプロジェクトや案件に参加する場合には今後も引き続き注意するようにしましょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は金融庁から正式に認可を受けている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ビットコイン価格予想「見事的中」と話題に|タイムトラベラーが語る仮想通貨の今後

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

「Binance Cloud」近日公開か:仮想通貨取引所バイナンス

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

デジタル円の発行「2〜3年以内が望ましい」自民党・山本金融調査会長

デジタル円の発行「2〜3年以内が望ましい」自民党・山本金融調査会長

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

NEC×シスコ:ブロックチェーンと不正検知技術用いた「ネットワーク機器」提供へ

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

BINANCE:利用可能通貨リストから「日本円/JPY」を削除

BINANCE:利用可能通貨リストから「日本円/JPY」を削除

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す