コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2021年8月31日に、同社のNFT事業でファッションブランド『TOMO KOIZUMI』とデジタルファッションハウス『Joyfa』との連携を開始したことを発表しました。コインチェックは「TOMO KOIZUMI」のドレスコーディネートを「Joyfa」の協力のもとでデジタル化してCoincheck NFT(β版)で販売することや、発行されたNFTを仮想空間(メタバース)上で活用することなどを幅広く検討していくと説明しています。

こちらから読む:楽天、NFTを発行・取引できる"Rakuten NFT"公開へ「国内ニュース」

TOMO KOIZUMI・Joyfaとの「NFT発行」を検討

Coincheck(コインチェック)は2021年8月31日に、同社のNFT事業でファッションブランド『TOMO KOIZUMI』とデジタルファッションハウス『Joyfa』との連携を開始したことを発表しました。なお、日本のファッションブランドがNFTに関する取り組みを表明するのは今回が初であるとされています。

TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)は、デザイナーの小泉智貴(こいずみ ともたか)氏が手がける日本のファッションブランドであり、主にコスチュームやウェデイングドレスのコレクションを展開しています。小泉智貴氏は2019年に毎日ファッション大賞選考委員特別賞を受賞している他、2020年にはLVMHプライズ優勝者の1人にも選ばれており、2021年の東京オリンピックでは開会式における国歌斉唱の衣装も担当しています。

Joyfa(ジョイファ)は、最先端のAI・CG技術を元にデジタル上に存在するファッション(デジタルファッション)を実際に着ているかのように写真上で表現するサービスを開発している企業であり、NFTの仕組みを導入することによって"より付加価値をもったデジタルファッションが発行できる環境作り"にも取り組んでいます。なお、同社は2021年8月にサービスのα版をローンチした後、2022年には正式版としてモバイルアプリをリリースすることも予定しています。

Coincheck・TOMO KOIZUMI・Joyfaの3社は今回の連携を通じて、「TOMO KOIZUMI」のドレスコーディネートを「Joyfa」の協力のもとデジタル化し、NFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT(β版)」でNFTとして販売することを検討しています。また、発行されたNFTは仮想空間(メタバース)上で活用できるようにすることも検討されているとのことで、NFTの幅広い活用を検討していくと説明されています。

コインチェックは今回の連携について『昨今、デジタルファッションは、環境負荷が少なくサステナブルであることに加え、コロナ禍で広がるメタバース上で自分を表現するアイテムとして注目を集めている』と説明した上で『今回の取組みによってデジタルファッションにNFTを組み合わせることで、デジタルファッションの可能性を広げ、新たな顧客体験を提供していきたいと考えている』とコメントしています。

>>「TOMO KOIZUMI」の公式サイトはこちら
>>「Joyfa」の公式サイトはこちら
>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

米自動車保険会社「メトロマイル」ビットコイン(BTC)100万ドル相当を購入

米自動車保険会社「メトロマイル」ビットコイン(BTC)100万ドル相当を購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

ビットコイン価格「10,000ドルまで下落する可能性がある」と予想:Mark Mobius氏

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す