Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

by BITTIMES   

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発企業である「IOHK(IOG)」は2021年9月2日に、Caradnoブロックチェーンにスマートコントラクト機能をもたらす「Plutus(プルータス)」と呼ばれるプラットフォームをテストネット上で正常に展開したことを発表しました。IOHKは現在、Alonzoと呼ばれる大型アップグレードに向けた最終調整を行っていますが、現時点でこれらの開発は順調に進められていると報告されています。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

テストネットで「Plutus」を正常に展開

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発企業である「IOHK(IOG)」は2021年9月2日に、Caradnoブロックチェーンにスマートコントラクト機能をもたらす「Plutus(プルータス)」と呼ばれるプラットフォームをテストネット上で正常に展開したことを発表しました。

Cardanoは2021年9月12日に「Alonzo(アロンゾ)」と呼ばれる大型アップグレードを控えていますが、現在はAlonzoのメインネット実装に向けた最終調整段階にあるとのことで『現在も順調に開発が進められている』と報告されています。

昨日、Cardanoテストネットをアップグレードして、Plutusスマートコントラクト機能を正常に展開しました。現在はAlonzoメインネットアップグレード向けたコンポーネントのテスト&交換機能実装の最終調整段階にあり、9月12日の正式アップグレードに向けて順調に開発が進められています💪

Plutus(プルータス)はCardanoブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するためのプラットフォーム・プログラミング言語であり、イーサリアムでよく用いられているPythonやJava Scriptではなく、関数型プログラミング言語である「Haskell(ハスケル)」をベースとしています。

Haskell(ハスケル)は一般的に「Python」や「Java Script」などの広く普及しているプログラミング言語よりも難解であると考えられていますが、その一方でHaskellは論理的な間違いが生じにくいことから「スマートコントラクト向きの言語」とも言われれており、そのような特性から金融業界などで広く利用されています。

スマートコントラクト機能がCardanoブロックチェーン上で正式に実装されれば、DeFi(分散型金融)NFT(代替不可能なトークン)DApps(分散型アプリケーション)などといった仮想通貨業界で注目されている様々なサービスを構築することができるようになるため、カルダノブロックチェーンの利用が急速に拡大する可能性があると期待されています。

また、最近ではカルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」の開発も順調に進められていることが報告されているため、これらのツールが導入されればイーサリアム関連のプロジェクトがカルダノブロックチェーンに移行する可能性もあると注目されています。

2021年9月3日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月21日に117円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2021年9月3日時点では「1ADA=325.28円」まで上昇しています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年3月8日〜2021年9月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年3月8日〜2021年9月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

ビットコイン、歴史上4回目の「強気サイン」テクニカル指標3つが合流

ビットコイン、歴史上4回目の「強気サイン」テクニカル指標3つが合流

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

BINANCE(バイナンス)「二段階認証の設定方法」画像付きでわかりやすく解説

BINANCE(バイナンス)「二段階認証の設定方法」画像付きでわかりやすく解説

BINANCE:暗号資産取引所「HKVAEX」を通じて香港でライセンス申請か【続報あり】

BINANCE:暗号資産取引所「HKVAEX」を通じて香港でライセンス申請か【続報あり】

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す