【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発を担当していることで知られるブロックチェーン企業「IOHK」は、Cardanoでスマートコントラクトを記述するためのプラットフォーム「Plutus(プルータス)」について詳しく学ぶための包括的な入門ガイド『Plutus:信頼できるスマートコントラクトの書き方』が公開されたことを発表しました。

こちらから読む:BINANCEで"証拠金取引"が可能に「Cardano/ADA」関連ニュース

実用的なコード例など「Plutus」の全てを網羅

Cardano(カルダノ)プロジェクトで開発を担っている「IOHK(Input Output HongKong)」は、2019年8月1日にカルダノでスマートコントラクトを記述するための開発・実行プラットフォームである「Plutus(プルータス)」について学ぶことができるガイドブックの初版『Plutus:信頼できるスマートコントラクトの書き方』が公開されたことを発表しました。

このガイドブックは「Plutus」の包括的な入門ガイドだと説明されており、Amazon(アマゾン)が販売している電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」と、電子書籍販売サイト「LeanPub」で公開されていると発表されています。

新しい電子書籍「Plutus:信頼できるスマートコントラクトの書き方」の初版が公開されました。

KindleおよびLeanPub形式で入手することができます。

IOHKのブログ発表によると、このガイドブックはカルダノでの開発を簡素化することを目的としてIOHKの教育チームによって作成されています。具体的な内容としては「スマートコントラクトがブロックチェーンとどのように相互作用するか」や「行ごとに説明を設けた実用的なコード例」など全てを網羅していると説明されています。

この本は一般にソフトウェア開発者、特にスマートコントラクト開発者向けに書かれたものであり、Plutusは基本的に関数型プログラミング言語である「Haskell」をベースとしたものなので「Haskellに精通していること」と「言語を学ぶ意欲」が重要だと説明されていますが、"正確で信頼できるスマートコントラクトを探している人は間違いなく対象読者である"と説明されており、一度Plutusを見てみるべきだと強調されています。

カルダノプロジェクトは現在、"真の分散型ブロックチェーン"に向けた重要な開発段階に突入しており、カルダノブロックチェーンを活用する開発者を求めています。カルダノの技術について学ぶことができるガイドブックの公開は、カルダノコミュニティの発展をさらに促進させるきっかけになると期待されます。

2019年8月3日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先月17日に6円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年8月3日時点では「1ADA=6.13円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年6月4日〜2019年8月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月4日〜2019年8月3日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の「先物取引」提供へ

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨プロジェクト「GHOST」から離脱|トークン価格は急落

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨プロジェクト「GHOST」から離脱|トークン価格は急落

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

ブロックチェーンでAI開発を効率化「GeneFlow」β版提供開始:クーガー株式会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

canow:Jリーグ目指す「アヴェントゥーラ川口・スペリオ城北」のファントークン発行へ

canow:Jリーグ目指す「アヴェントゥーラ川口・スペリオ城北」のファントークン発行へ

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

Flare Network:メインネット公開「6月末前後」を予定|稼働後にはFLR配布を開始

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

ディーカレット「継続報酬型紹介プログラム」開始|1名送客で月間最大20万円を還元

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す