NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

NFT(Non-Fungible Token)を誰でも簡単に作成・発行・出品・売買することができる世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」の基本情報や特徴・サービス概要・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSea-Logo

OpenSea(オープンシー)とは、ブロックチェーンを基盤とした発行されたNFTを作成・出品・売買することができる世界最大級のNFTマーケットプレイスです。2017年12月にベータ版サービスを公開した「OpenSea」はその後急速にユーザー数を増やしており、現在は"最大手のNFTマーケットプレイス"として世界中の人々に知られています。

OpenSeaは仮想通貨やNFTを保管することができる「MetaMask(メタマスク)」などのウォレットを接続して、アカウントを作成することによって無料で利用することができるようになっており、アカウントを作成すれば誰でも簡単にNFTを出品・売買したり、画像・動画・オーディオ・3DモデルからNFTを作成・発行したりすることができるように設計されています。

アカウントを作成するだけで世界中のユーザーを相手にNFTを売買することができる「OpenSea」は、NFTを取引する魅力的な場所として世界中の人々に注目されており、日本を含めた世界中の著名人・アーティスト・コレクターなどに利用されています。

OpenSeaがサポートするブロックチェーン

OpenSea(オープンシー)がサポートするブロックチェーンは2022年11月時点で以下の8種類となっています。
イーサリアム(Ethereum/ETH)
クレイトン(Klaytn/KLAY)
ポリゴン(Polygon/MATIC)
ソラナ(Solana/SOL)
アバランチ(Avalanche/AVAX)
・アービトラム(Arbitrum)
・オプティミズム(Optimism/OP)
・BNBチェーン(BNB Chain/BNB)

OpenSea(オープンシー)の特徴

誰でも自由に無料で利用できる

OpenSea(オープンシー)はメタマスクなどのウォレットを持っていれば誰でも自由に無料で利用することができるようになっています。NFTを売買する際には一定の手数料がかかるものの、登録・利用は無料であり、メタマスクのウォレットも無料で作成することができるため、気軽にサービスを利用し始めることが可能です。

登録に必要なのは「メールアドレス」と「パスワードの設定」だけであり、登録完了後にメタマスクを接続すればウォレットに保管されているNFTが自動的にアカウントに反映される仕組みとなっています。自分のプロフィールページには保有しているNFTが自動表示されるため、『こんなNFT持ってたんだ』と気付くきっかけになるかもしれません。

プロフィールページでは保有NFTが自動表示される(画像:OpenSea)プロフィールページでは保有NFTが自動表示される(画像:OpenSea)

様々な種類のNFTを出品・売買できる

OpenSea(オープンシー)は「アート音楽ゲーム内アイテム・トレーディングカード・コレクショングッズ・スポーツ関連アイテム・ドメイン名」などといった様々なNFTを取り扱っているため、ブロックチェーンゲームをプレイして取得したNFTなども出品することが可能です。

「My Crypto Heroes」や「CryptoSpells」などといった日本で人気のブロックチェーンゲームのNFTも多数出品されており、サイト内の検索窓でキーワードを入れて検索すれば、そのキーワードに関連するNFTだけを表示させることもできます。

キーワード検索で目当てのNFTだけを表示することも可能(画像:OpenSea)キーワード検索で目当てのNFTだけを表示することも可能(画像:OpenSea)

誰でも無料でNFTを作成・発行できる

OpenSea(オープンシー)は、パソコンとウォレットを持っていれば誰でも無料でNFTを作成・発行できるようになっています。作成方法も非常に簡単で、NFT化したいイメージ・動画・オーディオ・3Dモデルなどのファイルをアップロードして、名前・URL・説明文などの必要事項を記入するだけで作成することができるようになっています。

NFT作成のページもシンプルなデザインとなっているため、仮想通貨・ブロックチェーン関連の基本的な知識を有している方であれば、気軽にNFT発行にトライすることが可能です。

NFT作成画面(画像:OpenSea)NFT作成画面(画像:OpenSea)

世界中の著名人の作品も多く取り扱われている

OpenSea(オープンシー)は世界最大級のNFTマーケットプレイスであるため、「Beeple」や「CryptoPunks」などといった国内外の様々な有名アーティストの作品も数多く出品されています。これまでは海外の大物アーティストの作品を落札するのには一定のハードルがあったものの、OpenSeaを利用すればそのような有名アーティストの作品のオークションにも簡単に参加できるため、OpenSeaはコレクターにとっても魅力的な市場となっています。

逆に「NFTを発行するクリエイター」の人々も最初から世界中のユーザー向けに作品を販売することができるため、収益化のチャンスを大幅に広げることができます。

複数のブロックチェーンに対応している

OpenSea(オープンシー)は、イーサリアムだけでなく「Klaytn(クレイトン)」や「Polygon(ポリゴン)」などといった複数のブロックチェーンにも対応しています。「対応するブロックチェーンが多い」ということは「取り扱えるNFTの種類が多い」ということを意味します。

今後も「OpenSea」の対応ブロックチェーンは増えていくことになると予想されるため、将来的にはより多くのNFTを売買することができるようになると期待されます。

NFTの販売方法を選べる

OpenSea(オープンシー)では、NFTの販売方法を「固定価格」や「オークション販売」などの中から選ぶことができるようになっているため、自分好みの方法でNFTを販売することが可能です。また、二次販売された際にNFT作成者に支払われる報酬(ロイヤリティ)を設定すれば、自分の作品が転売された場合に一定の割合の報酬を受け取ることもできるため、永続的に収入を得ることも可能になります。

OpenSea(オープンシー)のメリット・デメリット

OpenSea(オープンシー)のメリット

merit

  • 世界中で利用される世界最大手のNFTマーケットプレイス
  • 無料で誰でも利用できる
  • ウォレット・メールアドレス・パスワード登録だけで簡単に利用できる
  • サービス全体が使いやすいデザインに設計されている
  • 自分のNFTを無料で簡単に作成・発行・販売できる
  • NFTの販売方法を固定価格・オークションなどから選べる
  • ロイヤリティ設定で転売時にも永続的に報酬が得られる
  • 世界的に有名なアーティストの作品にアクセスできる
  • iOS・Android向けのスマホアプリも提供されている(記事最後にリンク記載)
  • NFTクリエイターは世界中のユーザーにアプローチできる

OpenSea(オープンシー)のデメリット・注意点

Demerit

  • 基本的に英語表記なのでやや利用しづらい
  • 自分のウォレットで管理するため自己管理能力が必要
  • MetaMaskの接続などある程度の仮想通貨関連知識が必要
  • NFTを出品したからといって必ず売れるわけではない
  • 法定通貨・クレジットカードには対応していない

OpenSea(オープンシー)関連リンク集

OpenSea公式サイト
OpenSeaアプリ(iOS版)
OpenSeaアプリ(Android版)
OpenSea公式Twitter
OpenSea公式ブログ
OpenSea公式Instagram
OpenSea公式YouTubeチャンネル
OpenSea公式Discord
OpenSeaのRedditコミュニティ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

Binance US:削除予定の取引ペアを「合計10種類」に変更|USDTペアは廃止せず

Binance US:削除予定の取引ペアを「合計10種類」に変更|USDTペアは廃止せず

仮想通貨決済サービスのBitPay「100種類以上の暗号資産」に新規対応

仮想通貨決済サービスのBitPay「100種類以上の暗号資産」に新規対応

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」予約開始 ー 12月には出荷予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

カルダノ(ADA)は世界的な分散型文明に「ヴォルテール時代の到来」迫る

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す