Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

by BITTIMES

暗号資産取引所「Zaif Exchange(ザイフ)」は2021年10月25日に、テックビューロ株式会社が実施を予定している「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」への対応方針を発表しました。ZaifでCMS:XEMを保有している人々がCMS:XYMを受け取るためには、Zaif側がオプトインを実施する必要がありましたが、Zaifは今回の発表で『Zaifで保有されているCMS:XEMでもオプトインを実施する』と報告しています。

こちらから読む:テックビューロ、CMS:XYMのエアドロップ実施へ「国内ニュース」

スナップショットは「2021年11月25日12時頃」に実施

Zaif Exchange(ザイフ)は2021年10月25日に、テックビューロ株式会社が実施を予定している「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」への対応方針を発表しました。

テックビューロ株式会社は本日25日に、新生COMSAの第1弾プロジェクトとして『既存のCMS:XEMトークン保有者を対象としてオプトイン方式でCMS:XYMトークンをエアドロップすること』を発表しており、『暗号資産取引所でCMS:XEMを保有している人がCMS:XYMを受け取るためには、取引所側がオプトインを実施してエアドロップを代行する必要がある』ということを説明していました。

Zaifからの今回の発表はこの発表を受けてのものであり、『ユーザーがZaifで保有しているCMS:XEMに関してはZaif側でオプトインを実施するため、Zaifでのエアドロップ対応を希望する場合は、Zaifのアカウント内でCMS:XEMを保有する以外に特別な操作は必要ない』と説明されています。

CMS:XEM保有量を記録するためのスナップショットは、テックビューロが実施するのと同じタイミングである「日本時間2021年11月25日12時頃(NEM NIS1ブロック高:3,474,300)」に実施されると報告されているため、この時刻にZaifアカウント内でCMS:XEMを保有していた人々はCMS:XYMを受け取れることになります。

なお「CMS:XYMの付与」や「CMS:XYMの取り扱い」については『現時点で未定』だと説明されており、今後進展があった場合にはZaifの公式サイトやTwitterアカウントを通じて改めて報告すると説明されています。

>>「Zaif」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

ネットマーブル「A3: Still Alive」に初のブロックチェーンエコシステム導入へ

ネットマーブル「A3: Still Alive」に初のブロックチェーンエコシステム導入へ

ゲームスタジオ部門「HashGames」新設|Palette(PLT)基盤のPlay to Earnゲーム公開へ

ゲームスタジオ部門「HashGames」新設|Palette(PLT)基盤のPlay to Earnゲーム公開へ

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す