ステーキングできる仮想通貨ウォレット「Moonstake Wallet」とは?特徴・対応銘柄など

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)のステーキングにも対応しているマルチウォレット「Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)」に関する基本情報・特徴・対応銘柄・メリット・デメリット・登録・本人確認手続き(KYC)方法などを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:ムーンステーク関連記事を新着順で「Moonstake」関連ニュース

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)とは?

Moonstake-Logo-App

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)とは、2,000種類以上の仮想通貨を保管することができる、ステーキングにも対応した仮想通貨ウォレットです。Moonstakeウォレットは「ウェブ版」と「iOS・Androidアプリ」の2種類が提供されているため、パソコンやスマホなどで自分の仮想通貨を保管・管理・送受金することができます。

このウォレットは世界各地のブロックチェーン市場で高まる需要に答えたステーキングプールプロトコルを開発することを目的として設立された企業「Moonstake(ムーンステーク)」によって提供されており、ウォレットアプリや各種サービスは日本語を含めた複数の言語に対応しています。

ステーキングとは、対象となる特定の仮想通貨を一定期間保有し続けて取引承認作業に貢献することによって新たに発行される仮想通貨を報酬として獲得できる仕組みのことであり、「ADA・DOT・XTZ・QTUM・ATOM・CENNZ・IOST・ONT・TRX」などいった比較的新しい仮想通貨でこの仕組みが採用されています。

一般的な仮想通貨ウォレットは「仮想通貨を保管・使用・送受金できる」というのが主な機能となっていましたが、Moonstakeウォレットはこれらの一般的な機能に加えて「ステーキングで稼ぐ」ということもできる魅力的なウォレットとなっています。

Moonstake Walletの特徴

Blockchain-Catch

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

複数通貨対応の「マルチウォレット」

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)は、1つのアカウントで複数の仮想通貨のウォレットを管理することができるマルチウォレットとなっています。ユーザーはアプリ上で複数の暗号資産の残高やリアルタイム価格などを確認することができるようになっており、保有する全ての資産価値を合計して日本円換算で確認することもできるようになっています。

複数通貨の「ステーキング」にも対応

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)は「ADA・XTZ・ATOM・ONT・QTUM・CENNZ・DOT・ORBS・TRX」などを含めた様々な暗号資産のステーキングに対応しているため、仮想通貨を保管しつつステーキングでそれらの仮想通貨の保有量を増やすこともできるようになっています。

ステーキングは難しいイメージがありますが、Moonstakeは初心者でも比較的簡単にステーキングできる環境を提供しているため、ステーキング開始・ステーキング停止・報酬をリアルタイムに獲得をするなど様々な機能が24時間365日いつでもどこからでも利用可能です。

2,000種類以上の暗号資産・トークンをサポート

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)は「BTC・ETH・BCH・DASH・DOGE・LTC・USDT」などといった主流の仮想通貨に加えて、「ADA・XTZ・ATOM・ONT・QTUM・CENNZ・DOT・ORBS・TRX」などのステーキングができる仮想通貨、さらには「ERC20・EOS・NEP-5・TRC10・TRC20・NFT・ERC71」などトークンプラットフォームもサポートしているため、2,000種類以上の暗号資産・トークンを保管することができるようになっています。

日本語を含めた多言語に対応

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)は国際的なチームによって運営されているため、「日本語を含めた複数の言語表示」「日本円・米ドルなど複数通貨の残高表示」に対応しています。また、多言語対応のカスタマーサポートも提供されているため、英語が苦手な方でも安心して利用できるようになっています。

高度なセキュリティを備えたウォレット

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)では、非常に高いセキュリティーのもとでウォレット内のステーキングコインを管理することができます。二要素認証(2FA)、暗号化キー、秘密鍵の管理は標準機能として備わっています。

「ウェブ版ウォレット」と「iOS・Androidアプリ」

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)は「ウェブ版ウォレット」と「iOS・Androidアプリ」が提供されているため、自宅のパソコンで管理できるだけでなく、スマホアプリと通じて外出先で仮想通貨を管理することもできます。

ウェブ版ウォレットには「価格チャート・時価総額の表示、ステーキング量や報酬額の把握に適したダッシュボード機能」などといった様々な機能が搭載されているため、ウォレットの枠を超えた暗号資産の包括的な管理手段として利用できます。

スマホアプリでも「暗号資産の送受金・交換、価格表示・時価総額の表示、コイン・トークン・NFTの表示、ステーキング設定、ステーキング報酬の確認」など様々なことができるようになっているため、アプリだけでも十分にMoonstakeの魅力を感じることができます。

Moonstake Walletの対応仮想通貨

CryptoCurrency

Moonstake Wallet(ムーンステークウォレット)がサポートしている代表的な仮想通貨としては以下のような通貨が挙げられます(以下に掲載している対応している仮想通貨の一部です)。

ステーキング可能な暗号資産

トロン(Tron/TRX)
オーブス(Orbs/ORBS)
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
テゾス(Tezos/XTZ)
クアンタム(QTUM/QTUM)
コスモス(Cosmos/ATOM)
セントラリティ(Centrality/CENNZ)
アイオーエスティー(IOST/IOST)
オントロジー(Ontology/ONT)
・アイリスネットワーク(IRISnet/IRIS)
・ハーモニー(Harmony/ONE)
・キュラス(Quras/XQC)
・紫電ネットワーク(Shiden Network/SDN)
・FIOプロトコル(FIO Protocol/FIO)
・エバースケール(Everscale/EVER)

利用可能な暗号資産

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
ステラ(Stellar/XLM)
ダッシュ(Dash/DASH)
イオス(Eos/EOS)
ネオ(Neo/NEO)
テザー(Tether/USDT)
バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
・ガス(Gas/GAS)
・トモチェーン(TomoChain/TOMO)
・オントロジーガス(Ontology Gas/ONG)

サポートしているトークンプラットフォーム

・Ethereum(ERC20)
・EOS(EOS)
・NEO(NEP-5)
・Tron(TRC10・TRC20)
・NFT(ERC71)

Moonstake Walletのメリット・デメリット

Moonstake Walletのメリット

merit

  • 2,000種類以上の仮想通貨・トークン・NFTをまとめて管理できる
  • 複数の暗号資産のステーキングができる
  • 外出先でもアプリからステーキングの設定が可能
  • ウェブ・iOS・Androidに対応している
  • 初心者でも使いやすいように設計されている
  • 日本語にも対応している

Moonstake Walletのデメリット

Demerit

  • 仮想通貨をまとめて管理するためパスワードなどの情報管理が重要
  • アプリで不具合が発生しているなどの報告が多々ある
  • ステーキングを始める際などには一定の知識が必要

Moonstake:登録・本人確認手続き(KYC)の方法

Moonstake Walletの登録・本人確認手続き(KYC)の方法は以下の記事で詳しく解説していますので、そちらの記事をご覧ください。

>>「Moonstake Wallet」の利用登録はこちら(無料)
>>「Moonstake」の公式サイトはこちら
>>「MoonstakeのiOS版アプリ」はこちら
>>「MoonstakeのAndroid版アプリ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

OKCoinJapan:トロン上場記念「100万TRX山分けキャンペーン」開始

OKCoinJapan:トロン上場記念「100万TRX山分けキャンペーン」開始

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

【重要】FTX:公式テレグラムで「ハッキング被害」を報告|サイト・アプリにも要注意

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す