Bitget KCGIトレーディング大会、多くの参加者登録とともに登録終了

by BITTIMES

Bitget(ビットゲット)初の暗号資産トレーディング大会「キング・オブ・Bitget(KCGI)」は、日本時間2021年11月4日午前11時をもって参加登録を終了しました。個人戦に5351名、チーム戦に67チームが参加されたことが大会ページより確認できます。

KCGI大会は10月20日に登録開始後、多くのプロトレーダーや、暗号資産デリバティブのメディアから注目されてきました。2021年10月30日に大会は開始され、豪華賞金や賞品獲得のため、大会運営は大盛況のようです。

現在の暗号資産市場は拡大を経て、トレーダーがよりプロフェッショナルに成熟してきている時期です。このような環境下で開催したKCGIは、デリバティブ市場でのグローバル展開を強化し、コミュニティに新たなバリューをもたらすことが期待されます。

Bitgetのグローバル事業戦略責任者であるジェームズ・リーは今回のトレーディング大会について次のようにコメントしています。

KCGIは暗号資産業界のトップイベントとして、世界中のプロフェッショナルトレーダーを歓迎し、その実力を認識してもらえる場を提供する重要な役割をを果たすと確信しています。世界の暗号資産コミュニティからこのような支援が寄せられていることを光栄に思います。今後は、KCGIをデリバティブ取引分野における重要イベントとして毎年開催していきたいと考えています。

KCGI大会は盛況で、参加者は100BTC、500万BGBの賞金プール獲得のため全力で戦っています。優秀なトレーダーには、Bitgetから既存メディアプラットフォームでの出演機会を提供し、次回KCGIの共同大使に任命するとともに、6万BGBのボーナスをプレゼントされる予定です。

KCGI開催により、暗号資産デリバティブトレーダーのコミュニケーションプラットフォームが構築され、ユーザー間のコミュニケーションが活発になっています。Bitgetは、当大会を開催することで、大手デリバティブ取引所がいかに暗号資産取引をより多くの人に楽しんでもらうための成功例を作ったと言えるでしょう。

Bitgetは、急成長しているデリバティブ取引プラットフォームの1つであり、イタリアの有名サッカーチーム ユベントスや、eスポーツのリーディングカンパニーであるPGL Majorの公式パートナー契約も結んでいます。

>>「Bitget公式ウェブサイト」はこちら
>>「Bitget公式Telegram」はこちら
>>「Bitget公式Twitter」はこちら
>>「Bitget公式Instagram」はこちら
>>「Bitget」の会員登録はこちら


免責事項:この記事は「Bitget」からのPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

前澤友作氏の「MZDAO」スタートアップ支援事業を開始|応援先企業8社も公開

前澤友作氏の「MZDAO」スタートアップ支援事業を開始|応援先企業8社も公開

ライトコイン価格急騰の背景は?次の四半期に向けた注目銘柄も紹介

ライトコイン価格急騰の背景は?次の四半期に向けた注目銘柄も紹介

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す