NFTマーケットプレイス「OpenSea」IPO(新規株式公開)計画か

by BITTIMES   

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」が新規株式公開(IPO)を検討している可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。OpenSeaの最高財務責任者(CFO)に就任したBrian Roberts氏は、OpenSeaはeコマース大手「eBay」に似ていると評価した上で『これほど急成長している企業ならば、株式公開を考えない方が不自然である』と語っています。

こちらから読む:業界団体"日本メタバース協会"設立へ「暗号資産」関連ニュース

OpenSeaの新CFOが「IPO実施」を示唆

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」が新規株式公開(IPO)を検討している可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

「Bloomberg」の報道によると、OpenSeaは米国のライドシェア型オンライン配車サービス「Lyft(リフト)」の元CFOであるBrian Roberts氏を最高財務責任者(CFO)として採用したとのことで、このBrian Roberts氏がインタビューの中で『OpenSeaのIPO実施』を示唆しています。

OpenSea(オープンシー)はNFTを作成・出品・売買することができる世界最大級のNFTマーケットプレイスであり、2017年12月のベータ版サービス公開以降は急速にユーザー数が増加、2021年8月には月間取引高10億ドル(1,100億円)を記録するなど、大手NFTマーケットプレイスとして知られていますが、Brian Roberts氏はOpenSeaのCFO就任について『こんなに興奮したのは久しぶりだ』と述べた上で『OpenSeaを見ていると1995年の"eBay"を思い出す』とコメントしています。

Brian Roberts氏は「OpenSeaの資金調達」について詳しくは語っていないものの、『私は多くの損益計算書を見てきたが、このような損益計算書は見たことがない』と語っており、『これほど急成長している企業ならば、IPO(新規株式公開)を考えない方が不自然だろう』とコメントしているため、業界では「OpenSeaはIPOを計画している可能性がある」と注目が集まっています。

なお、同氏はインタビューの中で『これ以上の現金を調達する必要はないが、NFTの利用を新しい産業に拡大するために、企業買収・パートナーシップの締結・合弁事業の設立などに資金を利用することができる』ともコメントしています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

Brian Roberts氏「IPOは計画していない」と説明

(追記:2021年12月9日)
OpenSeaの最高財務責任者(CFO)に就任したBrian Roberts氏は2021年12月8日のツイートで、『OpenSeaはIPO(新規株式公開)を計画している』との報道内容に誤解があることを指摘し、『私たちはIPOを計画していないし、もし計画するのであればコミュニティを巻き込もうと考えている』と説明しました。

同氏はこのツイートの中で『IPOを考えることと積極的に計画することには大きな違いがある』と説明しています。

OpenSeaの計画について不正確な報道がありました。誤解のないように申し上げますが「IPOを考えること」と「積極的に計画すること」には大きな違いがあります。私たちはIPOを計画していませんし、もし計画するのであれば、コミュニティを巻き込もうと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」でSHIB決済が可能に|Flexaがシバイヌに対応

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」でSHIB決済が可能に|Flexaがシバイヌに対応

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

Bitget:DOTA 2 Major Arlington 2022のPGLとのスポンサーシップを更新

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す