NFTマーケットプレイス「OpenSea」IPO(新規株式公開)計画か

by BITTIMES   

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」が新規株式公開(IPO)を検討している可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。OpenSeaの最高財務責任者(CFO)に就任したBrian Roberts氏は、OpenSeaはeコマース大手「eBay」に似ていると評価した上で『これほど急成長している企業ならば、株式公開を考えない方が不自然である』と語っています。

こちらから読む:業界団体"日本メタバース協会"設立へ「暗号資産」関連ニュース

OpenSeaの新CFOが「IPO実施」を示唆

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea(オープンシー)」が新規株式公開(IPO)を検討している可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

「Bloomberg」の報道によると、OpenSeaは米国のライドシェア型オンライン配車サービス「Lyft(リフト)」の元CFOであるBrian Roberts氏を最高財務責任者(CFO)として採用したとのことで、このBrian Roberts氏がインタビューの中で『OpenSeaのIPO実施』を示唆しています。

OpenSea(オープンシー)はNFTを作成・出品・売買することができる世界最大級のNFTマーケットプレイスであり、2017年12月のベータ版サービス公開以降は急速にユーザー数が増加、2021年8月には月間取引高10億ドル(1,100億円)を記録するなど、大手NFTマーケットプレイスとして知られていますが、Brian Roberts氏はOpenSeaのCFO就任について『こんなに興奮したのは久しぶりだ』と述べた上で『OpenSeaを見ていると1995年の"eBay"を思い出す』とコメントしています。

Brian Roberts氏は「OpenSeaの資金調達」について詳しくは語っていないものの、『私は多くの損益計算書を見てきたが、このような損益計算書は見たことがない』と語っており、『これほど急成長している企業ならば、IPO(新規株式公開)を考えない方が不自然だろう』とコメントしているため、業界では「OpenSeaはIPOを計画している可能性がある」と注目が集まっています。

なお、同氏はインタビューの中で『これ以上の現金を調達する必要はないが、NFTの利用を新しい産業に拡大するために、企業買収・パートナーシップの締結・合弁事業の設立などに資金を利用することができる』ともコメントしています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

Brian Roberts氏「IPOは計画していない」と説明

(追記:2021年12月9日)
OpenSeaの最高財務責任者(CFO)に就任したBrian Roberts氏は2021年12月8日のツイートで、『OpenSeaはIPO(新規株式公開)を計画している』との報道内容に誤解があることを指摘し、『私たちはIPOを計画していないし、もし計画するのであればコミュニティを巻き込もうと考えている』と説明しました。

同氏はこのツイートの中で『IPOを考えることと積極的に計画することには大きな違いがある』と説明しています。

OpenSeaの計画について不正確な報道がありました。誤解のないように申し上げますが「IPOを考えること」と「積極的に計画すること」には大きな違いがあります。私たちはIPOを計画していませんし、もし計画するのであれば、コミュニティを巻き込もうと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

注目度の高い仮想通貨ニュース

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

FTX:仮想通貨が使えるVisaデビットカード「FTX Card」リリースへ

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す