SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

by BITTIMES

SBI VCトレード株式会社は2021年12月22日に、暗号資産取引所「SBI VCトレード(旧:TAOTAO)」で事前に設定した金額・頻度に基づいて暗号資産を定期的に自動購入することができる『暗号資産 積立サービス』の提供を開始したことを発表しました。同社は暗号資産積立サービスの提供開始を記念して『抽選で10名様に10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン』も開催しています。

こちらから読む:bitFlyer、松本人志さん出演の新テレビCM放映へ「国内ニュース」

「BTC・ETH・XRPの積立サービス」提供開始

SBI VCトレード株式会社は2021年12月22日に、暗号資産取引所「SBI VCトレード(旧:TAOTAO)」で事前に設定した金額・頻度に基づいて暗号資産を定期的に自動購入することができる『暗号資産 積立サービス』の提供を開始したことを発表しました。

「暗号資産 積立サービス」では、サービス開始時点でBTC・ETH・XRPの3銘柄を積み立てることができるとのことで、積立可能金額は500〜200万円、積立頻度は日次・週次・月次から選択可能、手数料は無料だと説明されています。「暗号資産 積立サービス」の概要は以下の通りです。

【積立可能な暗号資産】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)

【1注文あたりの積立可能金額】
500〜200万円(1円単位)

【積立頻度(*1)】
・日次(DAY)
・週次(WEEK)
・月次(MONTH)
(*1)銘柄ごとに積立頻度を設定可能

【手数料】
無料

【積立注文日時】
日次:毎日午前10時00分〜
週次:毎週火曜日午前10時00分〜
月次:毎月28日の午前10時00分〜

【積立期間】
申し込み時に以下のいずれかを選択可能

  • 無期限
  • 日次(30日以上365日以下)
  • 週次(4週間以上52週間以下)
  • 月次(1ヶ月以上12ヶ月以下)

なお「SBI VCトレード株式会社」と「TaoTao株式会社」は2021年12月1日に合併したため、両社の暗号資産取引所は現在「SBI VCトレード(旧:VCTRADE)」と「SBI VCトレード(旧:TAOTAO)」という名称で運営が行われていますが、今回発表された暗号資産積立サービスは「SBI VCトレード(旧:TAOTAO)」で提供されています。

そのため、同サービスを利用するためには「SBI VCトレード(旧:TAOTAO)」の口座開設を行う必要があるとのことで、「SBI VCトレード(旧VCTRADE)」で暗号資産積立サービスを利用することはできないと説明されています。

「Amazonギフト券が当たるキャンペーン」も開催

SBI VCトレードは暗号資産積立サービスの提供開始を記念して、Twitterで「@sbivc_official」と「@taotao_ex」の両方をフォローして、以下のキャンペーンツイートをリツイートした方の中から抽選で10名様に10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも開催しています。

>>「暗号資産 積立サービス」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

【重要】コインチェック「BINANCEからの誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック「BINANCEからの誤送金」について注意喚起

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

シンボル(Symbol/XYM)英暗号資産取引所「BC Bitcoin」に上場|発表後は価格も上昇

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

パナソニック子会社「メタバース関連製品3機種」を発表|VRヘッドセットなど

パナソニック子会社「メタバース関連製品3機種」を発表|VRヘッドセットなど

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す