暗号資産「メイカー(Maker/MKR)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)「メイカー(Maker/MKR)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:メイカー関連の記事を新着順で確認「Maker/MKR」関連ニュース

メイカー(Maker/MKR)とは?

Maker-MKR-Logo-Matome

メイカー(Maker/MKR)とは、米ドルの価格に連動したステーブルコイン「ダイ(Dai/DAI)」の発行・管理や、レンディングプラットフォームの提供を行なっているプロジェクト(MakerDAO)とその暗号資産の名称であり、MKRはこのプラットフォーム上でのガバナンスに使用することができるトークンとなっています。

Makerのプラットフォームでは、ユーザーの暗号資産担保をロックアップする「Vault(ボールト)」にETH・USDCなどの担保資産を預け入れることによって"DAI"を生成することができるようになっており、生成されたDAIは一般的なステーブルコインと同様に他のユーザーに送金したり、商品やサービスの購入で使用したりすることが可能となっています。

一方「MKRトークン」はこのプラットフォーム上でのガバナンスに使用することができるトークンとなっているため、MKRの価格は常に変動しており、MKRトークンを保有している人々はプロジェクトの方向性を決める重要事項を決定するためのガバナンスに参加することができるようになっています。

ガバナンス方式には「ガバナンス投票」と「エグゼクティブ投票」の2種類が用意されており、「ガバナンス投票」はMKR保有者による決議が必要な重要事項に関する決定、「エグゼクティブ投票」はガバナンス投票で決定した事項をシステムに反映するための方法論に関する決定に用いられています。

メイカー(Maker/MKR)の特徴

Blockchain-Catch

メイカー(Maker/MKR)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

ステーブルコイン「DAI」を発行できる

Maker(メイカー)のプラットフォームとしての大きな特徴の1つとしては「米ドル連動ステーブルコイン"DAI"を発行することができる」という点が挙げられます。

DAIは「OASIS」と呼ばれる専用サイトに「MetaMask(メタマスク)」などのウォレットを接続することによって発行することができるようになっており、担保としては以下のような暗号資産を含む複数の暗号資産を利用することができるようになっています。

【Makerで担保として利用できる暗号資産(一例)】
イーサリアム(Ethereum/ETH)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
・ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)
・ユニスワップ(Uniswap/UNI)
・ポリゴン(Polygon/MATIC)
・ヤーン・ファイナンス(yearn.finance/YFI)

分散型のガバナンスモデルを採用

仮想通貨業界では既に様々な種類のステーブルコインが発行されていますが、メイカー(Maker/MKR)は「分散型のガバナンスモデルを採用している」という点が特徴の1つとなっています。

代表的な米ドル連動ステーブルコインである「テザー(Tether/USDT)」は世界中の様々な暗号資産取引所で基軸通貨として採用されていますが、Tetherは「中央集権的なガバナンスモデル」を採用しており、Tether Limitedが大きな権限を有しているため、『もしもTether社が不正行為を行なったり、破綻してしまったりした場合には、USDTが無価値になる可能性がある』と懸念する声も出ています。

Makerにも「Maker Foundation」という財団が存在するものの、Makerは「MKRトークン」を用いてMKR保有者がガバナンスに関われる仕組みを採用しているため、一般の人々もMKRを保有することによってMakerに関するさまざまな権限を持つことができるようになっています。

DAIは代表的なステーブルコインの1つ

Makerはこのような「分散型のガバナンスモデル」を採用しているものの、Makerの米ドル連動ステーブルコインである"DAI"は既に世界中の様々なサービスで利用可能となっています。

世界中に様々な米ドル連動ステーブルコインが存在する中で、DAIはTOP5に入るほどのシェアを獲得しており、分散型金融(DeFi)ゲームなどの有名なサービスでもDAIが採用されているため、今後はさらにDAIを採用する企業・サービスが増えていくと期待されています。

メイカー(Maker/MKR)の基本情報

名称メイカー(Maker)
ティッカーシンボルMKR
発行上限1,005,577 MKR
発行時期2017年11月25日
提唱者Maker Foundation
取引承認方式プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

メイカー(Maker/MKR)の価格・チャート

メイカー(Maker/MKR)を取扱う暗号資産取引所

メイカー(Maker/MKR)を取り扱っている日本国内の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年11月時点)。
bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
bitFlyer(ビットフライヤー)
FTX Japan(エフティーエックスジャパン)
Coinbase Japan(コインベースジャパン)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
Kraken Japan(クラーケンジャパン)

メイカー(Maker/MKR)対応のウォレット

メイカー(Maker/MKR)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)

メイカー(Maker/MKR)関連リンク

Maker公式サイト(日本語)
Maker公式Twitter
Maker公式YouTubeチャンネル
Maker公式Telegram(英語)
MakerのRedditコミュニティ
ホワイトペーパー(日本語)
ソースコード(Github)
エクスプローラー①(Etherscan)
エクスプローラー②(Ethplorer)
エクスプローラー③(Blockchair)
エクスプローラー④(Tokenview)
エクスプローラー⑤(Avascan)

メイカー(Maker/MKR)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Tron CEO「トランプ大統領」をバフェットランチに招待|仮想通貨の重要性を主張

Tron CEO「トランプ大統領」をバフェットランチに招待|仮想通貨の重要性を主張

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

英規制当局「仮想通貨ATMに停止命令」一般利用者にも注意喚起

英規制当局「仮想通貨ATMに停止命令」一般利用者にも注意喚起

ビットフライヤー:Polygon(MATIC)とMaker(MKR)取扱いへ

ビットフライヤー:Polygon(MATIC)とMaker(MKR)取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:最大10万円が当たる「クリスマス&お年玉ダブルキャンペーン」開催中

DMMビットコイン:最大10万円が当たる「クリスマス&お年玉ダブルキャンペーン」開催中

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:100万SHIBがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

カルダノ基盤のNFT卓上戦略ゲーム「WARGRUM」提供へ

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す