チリーズ:CHILIZ CHAIN 2.0のテストネット「Scoville」ローンチ

by BITTIMES   

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2022年3月31日に、スポーツ&エンターテイメント業界向けの新しいレイヤー1ブロックチェーンである『CHILIZ CHAIN 2.0』のテストネット『Scoville』がローンチされたことを発表しました。

こちらから読む:自民党、NFTホワイトペーパー公開「暗号資産」関連ニュース

新ブロックチェーンのテストネット「Scoville」公開

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2022年3月31日に、スポーツ&エンターテイメント業界向けの新しいレイヤー1ブロックチェーンである『CHILIZ CHAIN 2.0』のテストネット『Scoville』がローンチされたことを発表しました。

この新ブロックチェーンは「アンカー(Ankr/ANKR)」との協力などによって開発が進められているChilizの新しいブロックチェーンとなっており、以前の発表では『スポーツ&エンタメ業界のために作られた、バイナンススマートチェーン(BSC)の進化版チェーン』と説明、「トランザクション型トークンから"ネットワーク提供型トークン"へと移行すること」や「Chiliz初のステーキング機能実装」などが予定されていると報告されていました。

『CHILIZ CHAIN 2.0』がローンチされることによって、以下のような様々なサービスの提供が可能になるとのことで、これによって世界中のスポーツ&エンタメブランドはWeb3.0(分散型ウェブ)が持つ巨大なポテンシャルにアクセスすることが可能になると説明されています。

【CHILIZ CHAIN 2.0で可能になること】

  • NFT・ファントークンの発行
  • DeFi(分散型金融)商品の開発
  • プレイして稼ぐ「Play2Earnゲーム」の開発
  • イベント・ロイヤルティ・マーチャンダイスプログラムの作成
  • イーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性あり
  • ガス代(手数料)の削減
  • 各種性能向上
  • ステーキング

新たなChilizエコシステムの基盤に

Chilizが展開する独自の仮想通貨「CHZ」は、これまで同社が運営するファン投票&報酬アプリ「Socios.com」のアプリ内通貨として使用されていましたが、CHILIZ CHAIN 2.0のローンチによって、今後は新しいChilizエコシステムのネットワークを支える基盤通貨として利用されることになると報告されています。

EVM互換・ガス代削減

分散型インフラのリーダー的存在として知られる「アンカー(Ankr/ANKR)」と共同開発された『CHILIZ CHAIN 2.0』は、イーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性を持っているだけでなく、ETHと比較して1/200程度までガス代(手数料)を下げることが可能になり、トランザクションも非常に速く、開発者はよりスピーディで効率的なスマートコントラクトを活用することが可能になると説明されています。

PoSA採用でステーキングも可能

さらに「PoSA(Proof-of-Stake Authority)」と呼ばれる取引承認モデルを採用することによって、ビットコインなどで採用されている「PoW(Proof-of-Work)」と比較してエネルギー効率が2,000倍程度向上しているとのことで、CHZ保有者はステーキングに参加してCHZ報酬を得ることもできるようになるとされています。

Chilizは今回の発表の中で『CHILIZ CHAIN 2.0は、Socios.comのパートナーが増えれば増えるほど、多くの企業やスタートアップによってWeb3製品が開発されればされるほど太い成長が期待される』と述べており、「Chiliz/Socios.com」のCEOであるAlexandre Dreyfus氏は次のようにコメントしています。

【Chiliz/Socios.com:Alexandre Dreyfus氏】
130を超えるパートナーチーム、そして世界最大級の取引所パートナーのおかげて、CC2はすでに主要なレイヤー1ブロックチェーンとしての地位を確立したと言えるでしょう。

CC2は、Socios.comのパートナーが増えれば増えるほど、そして多くの企業やスタートアップによってWeb3製品が開発されればされるほど太い成長が期待される、安全でネットワーク効果に支えられた開発コミュニティです。なにより、これら全てが$CHZによって駆動します。

2019年にSocios.comをローンチして以来、私たちにとって最も重要な一歩となることは間違いありません。CC2のローンチにより、$CHZはメインストリームでオープン、そして多角的な新世代ブロックチェーンを支えるネットワークエネーブラーとして幅広く活用されていくでしょう。

なお「CHILIZ CHAIN 2.0」のメインネット公開についての詳細は後日改めて発表されるとのことで、CHILIZ CHAIN 2.0での開発を促進するためのアクセラレータープログラム「Chiliz Labs」を発足して、CHZへのアクセス・技術ガイダンス・製品サポートを提供していくことも予定しているとも報告されています。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら
>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネットマーブル「A3: Still Alive」に初のブロックチェーンエコシステム導入へ

ネットマーブル「A3: Still Alive」に初のブロックチェーンエコシステム導入へ

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

【ビットコインで収益化】コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」β版公開

【ビットコインで収益化】コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」β版公開

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説