Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

by BITTIMES

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2022年4月22日に、新たに「ポルカドット(Polkadot/DOT)」の取扱いを開始したことを発表しました。同社は今回のDOT上場にあわせて「Polkadotのステーキングサービス」も開始しています。

こちらから読む:損益計算のGtax、HashHubレンディングに対応「国内ニュース」

Kraken:取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

Kraken(クラーケン)は2022年4月22日に、新たに「ポルカドット(Polkadot/DOT)」の取扱いを開始したことを発表しました。新たにDOTが上場したことによって、Krakenで取引可能な暗号資産は以下の合計9銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
オーエムジー(OMG Network/OMG)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
ポルカドット(Polkadot/DOT)NEW!

ポルカドット(Polkadot/DOT)は、プライベートチェーン・コンソーシアムチェーン・パブリックネットワーク・パーミッションレスネットワーク・オラクルなどといった将来来たるべき技術を繋げて相互運用性を高めるために構築されたブロックチェーンであり、仮想通貨DOTはポルカドットのガバナンストークンである他、ステーキングに参加するためにも必要なトークンとなっています。

Krakenは記事執筆時点で仮想通貨9種類に加えて法定通貨3種類(日本円・米ドル・ユーロ)を取り扱っていますが、DOTはkrakenが取り扱っている全ての通貨とのペアで取引することができるようになっています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)のステーキングも可能

Kraken(クラーケン)は今回のDOT上場にあわせて「ポルカドット(Polkadot/DOT)のステーキングサービス」を提供し始めたことも発表しています。

ステーキングとは、対象となる仮想通貨を一定数量・一定期間保有し続けることによって取引記録のブロック生成プロセスに参加し、その報酬として新規発行される通貨を得ることができる仕組みのことであり、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)と呼ばれる取引承認方法を採用しているブロックチェーンで実行可能となっています。

ステーキングサービスは国内複数の暗号資産取引所でも提供されていますが、DOTのステーキングサービスが提供されるのは今回が初めてであり、KrakenのDOTステーキングサービスの年利(単利)は「12%」とされています。

なお、新たにDOTのステーキングサービスが提供開始されたことによって、Krakenでステーキング可能な暗号資産は以下の2銘柄となりました。
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・ポルカドット(Polkadot/DOT)NEW!

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「Kraken」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

ANIMAX:eスポーツプロジェクト「e-elements」新設|LoLアマチュア大会開催へ

ANIMAX:eスポーツプロジェクト「e-elements」新設|LoLアマチュア大会開催へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

Decentraland:音楽イベント「Metaverse Festival」明日開催|著名アーティストも多数参加

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

注目度の高い仮想通貨ニュース

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

Chiliz&Socios:マレーシア初「ジョホール・ダルル・タクジムFC」と提携

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

メタバース組織に向け「AI搭載女性ロボット」をCEOに任命:中国NetDragon

サンリオ:Web3.0分野で「Gaudiy」と協業|キャラクターコミュニティサービスを世界展開

サンリオ:Web3.0分野で「Gaudiy」と協業|キャラクターコミュニティサービスを世界展開

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

CryptoNinja Partners:NFTウォレット連携アプリ「CNP Friends」テストリリース

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

Huobi Japan:販売所でイーサリアムクラシック(ETC)取扱いへ

Huobi Japan:販売所でイーサリアムクラシック(ETC)取扱いへ

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す