暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:クラーケンの関連記事を新着順で確認「Kraken」関連ニュース

Kraken(クラーケン)とは

Kraken-Logo

Kraken(クラーケン)とは、2011年7月に設立されたアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本拠地を構える暗号資産取引所です。グローバルにサービスを展開しているクラーケンは、2020年9月8日付で暗号資産交換業者(関東財務局長 第00022号)としての登録を完了した「Payward Asia株式会社」を通じて日本居住者にもサービスを提供しています。

各国の規制に準拠してサービスを展開している同社は「暗号資産の現物取引・先物取引・証拠金取引」などといった様々なサービスを提供していますが、日本ユーザー向けには「暗号資産の現物取引サービス」のみが提供されています。

仮想通貨業界で特に長い歴史を持つ取引所でもある同社は"信頼性の高い大手暗号資産取引所の1つ"として世界的に広く知られており、仮想通貨市場の調査分析を行った上でレポートなどを定期的に公開している他、米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial(クラーケン・フィナンシャル)」を設立するなど、仮想通貨業界をリードし続けています。

取り扱う暗号資産

Kraken(クラーケン)が日本ユーザー向けサービスで取り扱っている暗号資産は、2020年12月時点で以下の5銘柄となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

サービスの種類・概要

暗号資産の現物取引(スポット取引)

暗号資産の現物取引(スポット取引)サービスでは、Krakenが取り扱っている5種類の暗号資産(BTC・ETH・XRP・LTC・BCH)を対象とした「暗号資産と暗号資産の取引」または「暗号資産と日本円の取引」を行うことができます。

なお、krakenがグローバル市場で提供しているその他の暗号資産に関しては『なるべく早期に追加できるよう対応を行っていく』と説明されています。

各種手数料

現物取引手数料

現物取引手数料は直近30日間の取引量に応じて割引が適用される仕組みとなっています。なお、割引されるレベルは毎取引後に計算されるのですぐに反映されます。

暗号資産現物取引サービスにおける「メイカー手数料」と「テイカー手数料」は以下のように設定されています。

直近30日の取引量メイカーテイカー
$0 - $50,0000.16%0.26%
$50,001 - $100,0000.14%0.24%
$100,001 - $250,0000.12%0.22%
$250,001 - $500,0000.10%0.20%
$500,001 - $1,000,0000.08%0.18%
$1,000,001 - $2,500,0000.06%0.16%
$2,500,001 - $5,000,0000.04%0.14%
$5,000,001 - $10,000,0000.02%0.12%
$10,000,000以上0.00%0.10%

Kraken(クラーケン)のメリット

merit

信頼性の高い歴史ある大手暗号資産取引所

Kraken(クラーケン)は2011年に設立されて以降仮想通貨業界をリードし続けてきた長い歴史を持つ大手暗号資産取引所であり、セキュリティに関しては、従業員の利用する機器からオフィスの物理セキュリティにいたるまで、徹底的なリスク評価と対策を実施するなど世界で最も厳しく進んだ管理体制を敷いています。

「Kraken Security Labs(クラーケン・セキュリティ・ラボ)」と呼ばれる独自の研究所を通じてユーザー向けのセキュリティ啓蒙活動なども行っている同社は、全世界で400万人を超える投資家に利用されているため、セキュリティやサービスの信頼性が高いという点で大きなメリットを有しています。

24時間体制のグローバルサポート

Kraken(クラーケン)には、仮想通貨・金融サービス・自社サービスに精通するカスタマーサポートのスペシャリストが数百名在籍しています。チームメンバーは各地に配置されており、多様言語でサービスを提供し、年中無休でユーザーの質問・要望に対応しているため、「何か問題が発生した場合でもサポートスタッフに相談することができる」という利点を有しています。

また、Krakenは「24時間年中無休のライブチャット」で相談を受け付けているため、時間帯に関わらず好きな時に相談することが可能です。

今後のサービス拡大に期待できる

Kraken(クラーケン)はグローバルにサービスを提供している暗号資産取引所であるため、本家サービスでは取り扱う暗号資産の種類も多く、現物取引サービスだけでなく「先物取引・証拠金取引・相対取引(OTC)・ステーキング」などといった様々なサービスを提供しています。

日本ユーザー向けに提供されるサービスはまだ限られているものの、承認を受けることができれば海外向けサービスで提供されている暗号資産やサービスが日本でも提供される可能性があるため、今後のサービス拡大には期待できると言えるでしょう。

Kraken(クラーケン)のデメリット

Demerit

取引手数料がやや高い

Kraken(クラーケン)の現物取引手数料では「直近30日間の取引量に応じて割引が適用される仕組み」が採用されていますが、取引量が少ない場合の手数料は0.1%〜0.2%とやや高額であるため、あまり頻繁に取引しない方にとっては少し気になる手数料設定となっています。

日本国内のその他の暗号資産取引所では「取引手数料無料」や「マイナス手数料」などが導入されている場合もあるため、取引手数料を抑えたい方にはその他の取引所の方が魅力的に見えると考えられます。

取り扱う暗号資産の種類がやや少ない

Kraken(クラーケン)は海外向けサービスでは多くの暗号資産を取り扱っているものの、日本ユーザー向けサービスで取引可能な暗号資産はまだ少ないのが現状です。

ただしクラーケンは"その他暗号資産の取扱い"については『なるべく早期に追加できるよう対応を行っていく』と説明しているため、取扱う暗号資産の数に関しては今後のサービス拡大で増える可能性があるとも考えられます。

>>「Kraken」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

仮想通貨取引所QUOINEX:第三者による不正アクセスによる影響

仮想通貨取引所QUOINEX:第三者による不正アクセスによる影響

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す