Free to Play and Earnサッカーゲーム「トレサカ Jリーグ」今夏リリースへ

by BITTIMES

株式会社OneSportsは2022年5月12日に、無料ではじめて楽しみながら稼ぐ「Free to Play and Earn」をコンセプトとした日本初の日本初Jリーグオフィシャルライセンス許諾ブロックチェーンゲーム『J.LEAGUE Trading Soccer(Jリーグ トレーディングサッカー/トレサカ Jリーグ)』を2022年夏にリリースすることを発表しました。

こちらから読む:ネットマーブルのMBX、bitrueに上場「ゲーム」関連ニュース

「Free to Play」と「Play to Earn」を融合

株式会社OneSportsは2022年5月12日に、無料ではじめて楽しみながら稼ぐ「Free to Play and Earn」をコンセプトとした日本初の日本初Jリーグオフィシャルライセンス許諾ブロックチェーンゲーム『J.LEAGUE Trading Soccer(Jリーグ トレーディングサッカー/トレサカ Jリーグ)』を2022年夏にリリースすることを発表しました。

『J.LEAGUE Trading Soccer』は、無料でプレイできる「Free to Play」と、ゲームで遊ぶことで稼ぐことができる「Play to Earn」という2つのコンセプトを組み合わせた『国内法に準拠した日本初のFree to Play and Earnサッカーゲーム』とされています。

このゲームには、2022明治安田生命J1リーグ・J2リーグ所属の全40クラブ800名以上の選手が実名実写で登場するとのことで、ユーザーは"クラブのオーナー兼監督"となって自分自身のクラブを作り上げ、リーグの頂点を目指すシミュレーションゲームになっていると説明されています。

ゲームは基本無料ですぐにプレイすることが可能で、ゲーム内で育成した選手のNFT化により、従来のソーシャルゲームでは実現できなかった「ユーザー間での売買」も可能、手軽にゲームの楽しみながら報酬を得ることができると説明されています。

(画像:株式会社OneSports)(画像:株式会社OneSports)

なお、NFTの発行にはLINE独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」が採用される予定になっているとのことで、『今後もプロスポーツを題材としたNFTサービスの順次拡大を予定している』とも報告されています。

>>「株式会社OneSports」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンクなど4団体「Lightning Network用いたビットコイン決済」の実証実験を実施

ビットバンクなど4団体「Lightning Network用いたビットコイン決済」の実証実験を実施

シバイヌ(SHIB)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

シバイヌ(SHIB)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す