FTX Japan:自動取引ツール「クオンツゾーン」提供開始|ルール設定で簡単に自動売買

by BITTIMES   

暗号資産取引所「FTX Japan」は2022年7月1日に、手順に従って自分好みのルールを事前に設定するだけで簡単に取引を自動化することができる新サービス『クオンツゾーン』の提供を開始したことを発表しました。

こちらから読む:エルサルバドル、ビットコインを追加購入「暗号資産」関連ニュース

簡単に取引を自動化「クオンツゾーン」提供開始

FTX Japanは2022年7月1日に、手順に従って自分好みのルールを事前に設定するだけで簡単に取引を自動化することができる新サービス『クオンツゾーン』の提供を開始したことを発表しました。

クオンツゾーンでは、FTX Japanが提供している「パーペチュアル取引」の自動取引を作成することができるようになっており、サービス開始時点ではブラウザ版でのみ利用可能となっています。

クオンツゾーンの始め方と概要について

クオンツゾーンは、何を行うかを定義する「アクション」と いつアクションを行うかを定義する「トリガー」を組み合わせた「ルール」を作成することによって、自動的に取引を行うことができる機能であり、公式サイトログイン後のメニュー画面から「クオンツゾーン」を選択することによって利用することが可能となっています。

「クオンツゾーン」のページに移動して利用規約に同意し、「新しいルールを作成する」のボタンをクリックすると、自動取引のルールを作成することができるようになっており、注文タイプや注文の内容を選択して「保存して実行する」のボタンをクリックすればアクションを追加することが可能となっています。

作成したルールはおよそ15秒ごとにループし、「手動で停止する方法」と「アクションでルールを停止する方法」が用意されています。トリガーやアクションには定義済み関数の用意がありますが、自分で変数を作成することも可能となっています。

クオンツゾーンのルール作成の流れ

クオンツゾーンのルール作成の流れは以下の通りです。

  1. ルールの名前を決める
  2. トリガーを設定する
  3. アクションを設定する
  4. ルールを保存する

【1.ルールの名前を決める】
作成するルールの名称を決めます。名称は任意のものを設定できますが、わかりやすいものにすることが推奨されています。

【2.トリガーを設定する】
何が起こったらルールを動作させるかを定義する「トリガー」を設定します。トリガーは定義済み関数が用意されているのでそれらを利用できます。クオンツゾーン画面の「?アイコン」をクリックすることで、定義済み関数の一覧とその説明を確認できます。

【3.アクションを設定する】
次にトリガーが作動したら何を実行するかを定義する「アクション」を設定します。アクションは「カスタム注文の発注」「ポジション決済」「ルールの一時停止」などのタイプを選択します。また、「アクションの追加」ボタンから複数のアクションを作成することも可能です。

【4.ルールを保存する】
最後に、作成したルールを保存します。保存すると、ルールはすぐに動作を開始します。ルールを停止する時は、ルールの一覧画面から「ルールを無効にする」をクリックします。

>>「クオンツゾーン」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

現物ビットコインETF承認で「1,000億ドルの資金流入」スタンダードチャータード銀行予想

現物ビットコインETF承認で「1,000億ドルの資金流入」スタンダードチャータード銀行予想

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

注目度の高い仮想通貨ニュース

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

セキュリティ重点型の新興ZKロールアップ、Zircuitがステーキングプログラムを開始

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す