ベアマーケットでコインを保有し、より多くの暗号資産を稼ぐ

by BITTIMES

CoinExが考える弱気相場で最良の戦略

LUNAやUSTの暴落、FRBの利上げとバランスシート縮小の影響を受け、2022年5月に暗号資産市場全体が急落し、今のところ大きなリバウンドはみられていません。また、過去の高値と比較すると、ビットコインとイーサリアムの価格は50%以上下落しています。一方、他のアルトコインはより大きな下落に見舞われており、仮想通貨市場全体がまだ弱気な時期を過ごしています。

とはいえ、ビットコインとイーサリアムの価値はゼロになるのでしょうか?答えは厳然たるノーです。ブロックチェーン技術が進歩し広く採用されるようになると、仮想通貨業界に参加するユーザーが増え、ビットコインの時価総額はかつてMeta(旧Facebook)の時価総額を超えたことさえありました。一方、従来の機関投資家の中にも暗号資産市場に乗り出す人が出てきており、上場企業のバランスシートにビットコインが載るケースも増えてきています。ビットコインとイーサリアムのヘッジツールとしての機能に注目する機関投資家も増えており、ビットコインを法定通貨に採用する国も出てきています。

一般的な傾向に基づいて考えると「ビットコインを採用する個人ユーザー・企業・政府が増えていく」と予想されます。さらに過去10年間、ビットコインはあらゆる種類の攻撃や中傷を目撃してきました。いくつかの国の規制当局によって禁止されたことさえあります。にもかかわらず、ビットコインは粘り強く生き残り、テストやチャレンジに耐える能力を十分に証明しています。さらに、より多くの投資家がビットコインの価値に気づき始めています。

近年、DeFi・NFT・メタバースなどのカテゴリーがブームとなり、暗号資産市場は全く新しいレベルへと押し上げられました。今日の市場では、人々は直接投資だけでなく、増え続ける暗号資産ベースの金融サービスからも利益を得ることができます。関連商品の成熟に伴い、より多くの投資家が暗号資産金融に集まってきています。

したがって、以下2つの基本的な結論を導き出すことができます。

  1. 暗号資産市場は減少することはない。それどころか、暗号資産を採用するグローバルユーザーは増加し、暗号資産のユーザー基盤は拡大し続けるだろう
  2. ビットコインの全体的な価格動向は横ばいで推移するだろう。つまり、価格変動はこれまでの記録ほど大きくはなく、BTC価格が大きく下がることはないだろう

このように、過去の市場サイクルに沿って価値が高まる可能性が高いため、主流の暗号資産を保有している場合でも慌てる必要はありません。弱気相場における最良の戦略は『暗号資産を保有したまま何もしないこと』だと当社は考えています。一方、収入源を確保するためにキャッシュフローを拡大し、低価格でより多くの暗号資産を購入することを求めることもお勧めします。

『ベアマーケットでの最高の戦略は暗号資産を貯めることだ』と言う人もいますが、より良いアプローチは『既存の保有物でより多くの暗号資産を稼ぐこと』です。これは銀行預金の利息を得ることに似ています。現在、多くの暗号資産取引所が暗号資産金融に特化した商品を発売しているため、自分のニーズに応じて適切な商品を選択することができます。

CoinEx-PR-20220704

暗号資産金融商品を選ぶ際の指標は?

セキュリティは最優先事項です。仮想通貨市場においてセキュリティの重要性ははかりしれません。小さな利益のために安全でない環境に預けたままにしておくと、大きな損失を被ることが頻繁にあります。例えば、詐欺師が運営する取引所の中には、高いリターンを餌にユーザーを騙して暗号資産を預け入れさせるものがあります。ユーザーは金融商品の高いリターンの約束に誘惑されますが、詐欺師はユーザーの預金を狙っているのです。仮想通貨業界では、多くのユーザーが小さな利益を得ようとして莫大な損失を被っています。

だからこそ、安全な取引所を選ばなければならないのです。ご存知の通り、多くの暗号資産取引所がセキュリティ侵害に遭い、上位の取引所でも巨額のビットコインを失い、ユーザーの資産に損失が発生しています。一方、CoinExはハッキングを受けたことがない数少ない取引所です。CoinExの創業者であるHaipo Yang氏はかつて『安全性は常にCoinExの最も重要な約束であり、CoinExの中核的な強みである』と述べています。常にユーザーを第一に考え、開発した製品によってユーザーの資産を安全かつセキュアに保ち、ユーザーから高い評価を得ているのです。

暗号資産金融に進出する際は、事故ゼロの取引所である「CoinEx」と一緒に歩みましょう。CoinExが導入している入金者向け金利商品「フィナンシャルアカウント」では、ユーザーは遊休資産をアカウントに預けるだけで毎日リターンを受け取ることができ、複利で日々精算されます。またこうした複利の原資は、信用取引における暗号資産ローンによる収益の70%であるので、安定的かつ信頼性の高いものです。

一部の取引所が提供する金融サービスは、高いリターンが期待できる反面、多くの縛りがあります。例えばこれらのサービスの多くは、最低預入期間が30日・60日あるいはそれ以上であることが条件となっています。これに対しCoinExのFinancial Accountは最低入金期間がなく、ユーザーはいつでも暗号を入金/出金することが可能です。

オンデマンド入出金のメリットは何でしょう?

暗号資産は価格変動が激しく、1週間で20%以上急落することもあります。もし、最低入金期間(例えば7日間)のある暗号資産金融商品を選択した場合、いったん価格が急落すると、預金を引き出したり、資産を売却して損失を最小限に抑えることが難しくなります。大きなリスクを考えると、このような金融商品で得られるわずかな利益も、どうやら割に合わないでしょう。

CoinExの「Financial Account」では、ユーザーはいつでも好きな時に暗号資産を入金/出金できます。つまり利益を得ながら、市場が大きく変動した場合には、速やかに預金を出金することができるのです。それとは別に、金融口座は最低入金額がないのが特徴で、ユーザーは好きなものを選んで入金することができます。

暗号資産市場のベアマーケットは、安いバーゲンチップをためることができるので、何も恐れることはありません。そのため、ベア市場が来たときには、キャッシュフローを拡大し続けるべきです。合理的な戦略でより多くの暗号資産を仕入れる一方で、投資家は財務管理のために保有資産を安全な取引所に預け、次の暗号資産のブル市場を待つ必要があるのです。

>>「CoinEx」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

サッカー選手の「本田圭佑」仮想通貨交換所BITPointのイメージキャラクターに

サッカー選手の「本田圭佑」仮想通貨交換所BITPointのイメージキャラクターに

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す