Mt.Gox再生管財人「債権者の弁済手続き」に関する案内メール送付|弁済受領に近づく

by BITTIMES

2014年に経営破綻した暗号資産取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」の小林信明再生管財人は2022年7月6日に、債権者の弁済手続きに関する重要事項について説明した案内メールを送信しました。この案内メールでは、債権者に対して「どのような形での弁済を希望するか」について示すよう求められています。

こちらから読む:GMOコイン、暗号資産シミュレーション公開「暗号資産」関連ニュース

債権者の弁済手続きに関する重要事項について案内

Mt.Gox(マウントゴックス)の小林信明再生管財人は2022年7月6日に『債権者の弁済手続きに関する重要事項』について説明した案内メールを送信しました。

小林信明氏は2021年11月16日に、債権者への補償を目的とした再生計画が東京地方裁判所の認可を経て確定したことを発表していましたが、今回のメールでは『令和3年11月16日付で東京地方裁判所の認可決定が確定し成立した再生計画に従った弁済に向けて準備を進めている』と報告されています。

また、今回のメールでは弁済についての情報提供の一環として「今後実施する弁済の概要に関する説明資料」と「現時点までの管財業務の概要」に関する資料を再生債権届出システムにアップロードしたとも報告されており、再生債権者に対して同システムにログインした上でこれらの資料を確認するようにと説明が行われています。

弁済に関する具体的な日程は決まっていないものの、今回のの案内メールでは債権者に対して「どのような形での弁済を希望するか」について示すよう求められており、再生債権者は弁済を受けるために以下の選択・登録を行うことができると説明されています。

  1. 早期一括弁済を受けるか否かの選択
  2. 金銭による弁済の受取方法と受取先情報の登録
  3. 仮想通貨債権の一部の弁済を仮想通貨(ビットコインとビットコインキャッシュ)で受けるか否かの選択
  4. 仮想通貨による弁済を受ける場合の、仮想通貨取引所やカストディアンのユーザー情報の登録

なお、詳細については「再生債権届出システムにアップロードされている資料」や「今後アップロードする各種資料」で順次説明されるとのことで、『選択・登録をする期限は今後再生管財人が東京地方裁判所の許可を取得して指定することになりますが、安全かつ確実な弁済を実施するという観点から、本件の選択・登録は再生債権届出システム上で行っていただくことになります』とも説明されています。

また、再生債権者が届け出た氏名と住所は、再生管財人による本人確認に使用されたり、弁済手続に関与する取引所・金融機関などに提供される予定となっているため、『すでに届け出られている氏名や住所の情報に変更が必要な場合は速やかに変更手続を行うように』とも注意喚起がなされています。

マウントゴックスは記事執筆時点のBTC価格換算で約4,174億円に相当する「約142,000BTC」を保有しているとも報告されているため、仮想通貨業界では『弁済によって仮想通貨市場への売り圧力が高まる可能性がある』と懸念する声も出ています。

>>「案内メールの全文」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨系YouTuberの「動画削除」相次ぐ|考えられる理由は?

仮想通貨系YouTuberの「動画削除」相次ぐ|考えられる理由は?

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ジャスミー×日本旅行:旅行メディアサイト「Tripα」で実証実験を開始

ジャスミー×日本旅行:旅行メディアサイト「Tripα」で実証実験を開始

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

分散型音楽配信の「Audius」ハッキング被害で約8億円相当のトークン流出

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

JobTribes「アイドル雀士スーチーパイ・Project B-idol」とのコラボNFT発行へ

JobTribes「アイドル雀士スーチーパイ・Project B-idol」とのコラボNFT発行へ

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

Coinbase Wallet「日本語」でのサービス提供開始

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

Bybit「Chiliz関連ファントークン7銘柄の新規上場」を発表

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す