FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES

大手暗号資産取引所「FTX」の独自トークンである「FTXトークン(FTX Token/FTT)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:FTT関連の記事を新着順で「FTX Token」関連ニュース

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?

FTX-Token-FTT-Logo

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは、仮想通貨関連サービスをグローバルに展開している大手暗号資産取引所「FTX」が発行している独自トークンであり、トークン名称は「FTX Token」、ティッカーシンボルは「FTT」となっています。

暗号資産取引所FTXは、グローバル向けサービスである「FTX.com」、米国向けサービスである「FTX.US」、日本向けサービスであり「FTX Japan」など現地の規制に基づいて複数の暗号資産取引所を展開していますが、FTXトークン保有者はこれらの取引所で様々な特典を受けることができます。

具体的には取引所や条件に応じて「メイカー手数料割引・紹介レート優遇・ネットワーク手数料免除・ボーナス投票・相対的なエアドロップの増加・IEOチケット」など様々な特典が用意されており、FTX JapanではFTXトークンをロックすることによって「メイカー手数料割引・紹介レート優遇・ネットワーク手数料免除」などの特典を受けることができるようになっています。

FTXトークン(FTX Token/FTT)の特徴

Blockchain-Catch

FTXトークン(FTX Token/FTT)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

大手暗号資産取引所「FTX」の独自トークン

FTXトークン(FTX Token/FTT)は世界的に有名な大手暗号資産取引所「FTX」の独自トークンであり、FTTを保有することによってFTXで優遇措置を受けることができるようになっているため、FTXのユーザー数や動向などがFTTの価値に大きく影響していると言えます。

何らかの問題でFTXのユーザー数が激減してしまった場合などには、FTTの価格も下落することになると予想されますが、2022年時点でFTXは世界中のユーザーを非常に多く獲得しており、サービス提供地域も順調に拡大、新しいサービスや外部サービスとの連携なども積極的に行われているため、今後もFTXやFTTは大きく成長していくことになると予想されます。

FTXで様々な特典を受けれる

FTXトークン(FTX Token/FTT)を保有している人々は「FTX.com」「FTX.US」「FTX Japan」などの暗号資産取引所で様々な特典を受けることができます。提供される特典の内容は取引所によって異なるものの、日本居住者向け取引所である「FTX Japan」では、公式サイト上でFTXトークンをロックすることによって以下のような優遇措置を受けることができるようになっています。

  • 紹介レートにより高い紹介レートを適用
  • 通常のメイカー手数料割引に加えてさらに割引を適用
  • ERC20とETHの出金を一定数無料で行うことが可能

ティアFTT紹介レートメイカー手数料報酬毎日無料でERC20/ETH出金
0025.00%なし0
12528.00%0.0000%1
215030.00%0.0005%3
31,00032.00%0.0010%10
410,00034.00%0.0015%30
550,00036.00%0.0020%100
6250,00038.00%0.0025%300
71,000,00040.00%0.0030%1,000

FTX全取引手数料の1/3相当額で買戻し&バーン

FTXは暗号資産取引所FTXで発生する全ての取引手数料の3分の1に相当する金額を「FTXトークンの買戻し&バーン」に充てることをホワイトペーパーの中で公表しています。

バーン(焼却処分)とは、暗号資産を事実上利用不可能なウォレットアドレスに送金することによって、その暗号資産を二度と使用することができないようにする行為のことであり、買戻し&バーンを行うことによって暗号資産の流通量が減少し、通貨1枚あたりの価値上昇に繋がると期待されています。

FTXトークン(FTX Token/FTT)の買戻し&バーンは最低でもFTTの半分がバーンされるまで継続されることになっており、現在のFTT流通量・総供給量・バーン済数量・バーン中数量などはFTXの公式サイトで確認することが可能となっています。

FTXトークン(FTX Token/FTT)の基本情報

トークン名称FTXトークン(FTX Token)
ティッカーシンボルFTT
総発行枚数350,000,000 FTT
開始日2019年5月8日
創設者Sam Bankman-Fried

FTXトークン(FTX Token/FTT)の価格・チャート

FTX Token(FTT)を取扱う暗号資産取引所

FTXトークン(FTX Token/FTT)の取引が可能な国内外の主要取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年7月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
FTX Japan(エフティーエックスジャパン)
Liquid(リキッド)

【海外の暗号資産取引所】
FTX(エフティーエックス)
BINANCE(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Huobi Global(フォビグローバル)
KuCoin(クーコイン)

FTXトークン(FTX Token/FTT)関連リンク

FTX.com公式サイト
FTX Japan公式サイト
FTX公式Twitter(英語)
FTX Japan公式Twitter(日本語)
FTX公式Facebook
FTX公式Telegram
FTX公式YouTube
FTX公式ブログ
FTX Tokenホワイトペーパー
エクスプローラー①(etherscan)
エクスプローラー②(BNB Chain)
エクスプローラー③(blockchair)
エクスプローラー④(eth.tokenview)
エクスプローラー⑤(solana.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

ウクライナ・デジタル改革省副大臣「新たな仮想通貨関連法案」について説明

ウクライナ・デジタル改革省副大臣「新たな仮想通貨関連法案」について説明

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

エチオピア政府「Cardano基盤の分散型IDソリューション」教育分野で活用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

コイントレード「PLT・IOSTのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ディズニー:事業開発プログラムに「Polygon」など6社を選出|NFT・Web3関連企業も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月10日〜16日

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

ビットフライヤー「MATIC・MKR」取扱開始|最大5万円が当たるキャンペーンも

ビットフライヤー「MATIC・MKR」取扱開始|最大5万円が当たるキャンペーンも

JBA「暗号資産・Web3領域の税制改正」に関するアンケート調査実施|7月29日まで

JBA「暗号資産・Web3領域の税制改正」に関するアンケート調査実施|7月29日まで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す