暗号資産取引所の新規ライセンス申請受付「3年間停止」へ:フィリピン中央銀行

by BITTIMES   

フィリピン中央銀行(BSP)は2022年8月12日に、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)のライセンス申請受付を2022年9月1日から3年間停止することを発表しました。

この変更によって、今後は既存のBSP監督下にある金融機関(BSFI)にのみ新規VASPライセンスが付与されることになると報告されています。

金融イノベーションとリスク管理のバランスを取る目的

フィリピン中央銀行(BSP)は2022年8月12日に、BSPの金融委員会が『金融システムの健全性と安定性を維持し、デジタル・エコシステムに対する消費者の信頼を強化する』というフィリピン中央銀行の方針に沿って、暗号資産サービスプロバイダー(VASP)のライセンス付与方法を変更するアプローチを承認したことを発表しました。

暗号資産サービスプロバイダー(VASP)のライセンス付与方法を変更するアプローチが承認されたことによって、VASPの新規ライセンス申請受付は2022年9月1日から3年間停止されることになり、既存のBSP監督下にある金融機関(BSFI)にのみ新規VASPライセンスを付与することになると報告されています。

フィリピン中央銀行は『暗号資産が低コストで金融サービスにアクセスできるようにする機会を提供するのと同時に、金融安定性を損なう可能性のある様々なリスクをもたらすことを認識している』と述べており、今回の変更は「金融分野のイノベーション促進」と「関連リスクを管理可能なレベルにとどめること」のバランスを取ることを目的としたものであると説明されています。

公式発表では『適切な顧客適合性評価と顧客受け入れ慣行を含む強力なリスク管理システムを持ち、金融消費者教育と啓発プログラムを強化している既存のBSFIは、引き続きVASPライセンスを申請することができる』とされています。

また『2022年8月31日までにライセンス申請プロセスのステージ2を完了/通過したBSFI以外の申請書は、ステージ3の要件に基づいて文章/情報の完全性と充足性を処理・評価される』とも説明されていますが、『2022年8月31時点で要件に不備がある申請書は返却され、審査は終了になる。2022年9月1日以降フィリピン中央銀行は新規申請を受け付けない予定だ』とも説明されています。

フィリピン中央銀行の総裁であるFelipe M. Medalla氏は、今回の決定について次のように説明を行っています。

最近の市場の発展によって、修正されたVASPライセンスのアプローチを採用することが必要後なりました。このアプローチによってフィリピン中央銀行に登録された既存の暗号資産サービスプロバイダーの全体的な実績とリスク管理システム、金融サービスや金融包摂の課題への影響、デジタル決済変革ロードマップの目標達成への貢献度を評価することに焦点を移すことになります。

フィリピン中央銀行が公開しているデータによると、フィリピンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンスを有する金融機関は2022年6月30日時点で19あるとのことですが、そのうちの1つは2022年1月に稼働を停止、5つはまだ運営を開始していない状況だと報告されています。

>>「フィリピン中央銀行」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

My MetaGirl - 花澤香菜 世界限定ポートレートNFTをNEXTYPEが発行|Huobi NFT Platformで販売

My MetaGirl - 花澤香菜 世界限定ポートレートNFTをNEXTYPEが発行|Huobi NFT Platformで販売

FTX:旅行予約サービス「Travala.com」と提携|FTT決済が利用可能に

FTX:旅行予約サービス「Travala.com」と提携|FTT決済が利用可能に

Moonstakeウォレット「エバースケール(Everscale/EVER)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「エバースケール(Everscale/EVER)のステーキング」に対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す