米財務省:暗号資産ミキシングサービス「Tornado Cash」に制裁措置

by BITTIMES

米国財務省外国資産管理局(OFAC)は2022年8月8日に、暗号資産のミキシングサービスである「Tornado Cash(トルネードキャッシュ)」を制裁対象リストに追加し、Tornado Cashに関連する「38のETHアドレス」と「6つのUSDCアドレス」を制裁リストに加えたことを発表しました。

こちらから読む:LINE Blokchain上で"日本向けSTEPN"が登場?「暗号資産」関連ニュース

「Tornado Cash」を制裁対象リストに追加

米国財務省外国資産管理局(OFAC)は2022年8月8日に、暗号資産のミキシングサービスである「Tornado Cash(トルネードキャッシュ)」を制裁対象リストに追加し、Tornado Cashに関連する「38のETHアドレス」と「6つのUSDCアドレス」を制裁リストに加えたことを発表しました。

Tornado Cash(トルネードキャッシュ)は、イーサリアムのブロックチェーン上で動作するミキシングサービスであり、複数の暗号資産取引データを混ぜ合わせることによって、ユーザーのプライバシーや匿名性を守ることができるサービスとなっています。

仮想通貨のミキシングサービスは「ユーザーのプライバシー保護」などをメリットとして提供されていますが、ミキシングサービスを利用すると暗号資産の送金元・送金先などの解読が困難になるため「不正に入手した暗号資産の追跡を困難にするためのツール」としても悪用されていました。

米国財務省外国資産管理局は今回の発表の中で『Tornado Cashは2019年の創設以来、70億ドル以上の価値のある仮想通貨の資金洗浄に悪用されている』と指摘しており、北朝鮮の国家支援ハッキンググループ「Lazarus Group」が盗んだ4億5,500万ドル超の仮想通貨を洗浄するためや、「Harmonyブリッジ」や「Nomadブリッジ」から流出した資産の資金洗浄にも使用されていたと説明しています。

今回の措置によって「米国内にある、または米国人が所有・管理しているTornado Cashの全ての財産は凍結され、OFACに報告されることになる」とのことで、さらに「1人以上の資産凍結された自分が直接または間接的に50%以上所有している事業体も制裁対象になる。制裁対象となった人物の財産に関わる全ての取引はOFACが許可しない限り禁止される」とも説明されています。

企業の対応も進む一方では抗議の声も

今回の制裁措置を受けて「Circle」や「Github」なども制裁対象者への対応を開始しており、Circle社が制裁リストにあるアドレスをブラックリスト化したことや、GithubがRoman Semenov氏やAlexey Pertsev氏などといったTornado Cash開発者のアカウントを削除したことなども報告されています。

「Tornado Cash」は暗号資産利用者のプライバシー保護を目的としたツールであるため、今回の制裁措置に対しては『これは良くも悪くも使うことができる中立的なツールに対する制裁であり、人物に対する制裁ではなく"技術の禁止"になってしまう』と抗議する意見も出ています。

しかし、米財務省のテロ・金融インテリジェンス担当財務次官であるブライアン・ネルソン氏は公式発表の中で『Tornado Cashはサイバー犯罪社の資金洗浄を阻止するために必要な措置や対策を行ってこなかった』と述べており、『財務省は犯罪者の仮想通貨を洗浄するミキサーやそれを支援する者に対して今後も積極的に行動を起こしていくだろう』と語っています。

なお、米国財務省外国資産管理局は2022年5月6日に、暗号資産ミキシングサービスである「Blender.io」にも制裁措置を発動しています。

>>「米国財務省外国資産管理局」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

ビットバンク:販売所サービスで「チェーンリンク(LINK)」取扱い開始

GMOコイン:暗号資産投資シミュレーション「もしもビットコイン」提供開始

GMOコイン:暗号資産投資シミュレーション「もしもビットコイン」提供開始

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

Bitget「200XRPの新規ユーザー限定特典」を開始

Binance Pool「ETHWのマイニングサービス」提供開始

Binance Pool「ETHWのマイニングサービス」提供開始

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了

GMOコイン「ETHW相当額の日本円交付」実施へ|The Merge関連で続報

GMOコイン「ETHW相当額の日本円交付」実施へ|The Merge関連で続報

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す